CME/ICEの立会スケジュール~Thanksgiving~

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~
朝の地震では、皆様、お怪我や被害はなかったでしょうか。
東京では、そう大きな揺れではなかったのですが、揺れていた時間の長さや、発生時刻に、過去の大きな災害が頭をよぎりました。

さて、明日、日本は勤労感謝の日、祝日です。
かたやアメリカは、24日がThanksgiving。翌金曜日、俗にいうブラックフライデーも休日になるところが多いようで、市場も変則スケジュールです。抑えておきましょう。

まず、わかりやすいICEから。
ICE_USの銘柄の内、ココアやコーヒーなどのいわゆるソフトコモディティは、23日(水)は平常通り、24日(木)は休み、25日(金)は早上がりです。ただし、SugarNo.11こと粗糖だけは、25日も平常通りです。
かたやICE_EUのブレント原油などは、休みなし!ただし、24日(木)、25日(金)とも早上がりです。
CMEグループのWTI(NYMEX)、金(COMEX)、FX(CME)も、多少の終了時刻の違いはあれど、24日、25日ともに取引は行われます。
しかし、ICEのブレントと異なるのが、24日(木)は、清算機関はお休みです。
TOCOMには馴染みのない習慣ですが、CMEにおいては、取引所と清算機関の休みは、必ずしも一致していません
両方とも完全に休みとなるのはクリスマスや元旦など限られたケースで、立会は行われる(=取引所は稼働)けど清算業務が行われない(=清算機関は休み)というパターンが多いです。
清算業務が行われないというのはどういうことかといいますと、24日に行われる立会と25日に行われる立会をまとめて、25日分取引とみなします。帳入価格は出ませんし、値洗い計算もされません。24日の立会での約定は、25日計算区域での約定となり、24日に有効期限をGTDで出した注文は、25日の立会終了時まで有効です。

裁定取引などへの影響に対する配慮だとは察しますが、どうなんでしょうね?休みの日まで市場を開くというのは。
「常にマーケットが開いている方がよいのか?」という疑問を持ったのは、東日本大震災のときだったな、とふと思い出しました。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 02 : 51 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

CME出来高最高記録と、TOCOMの信頼回復のために

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~

少々遅くなりましたが、CMEグループから計算区域11月9日の取引について、誇らしげなレポートが出ておりましたのでご紹介です。(原文はこちら)

1計算区域での出来高が、過去最高の44,516,949枚を記録したとのことです。
それまでの最高である2014年10月14日の39,567,064枚から、約500万枚オーバー!
商品別においても、当社でも取扱っておりますWTI、COMEX GOLD、Japanese Yen Futuresなどなど多くの商品で、過去最高を達成しております。
ご参考までにTOCOMの2015年1年間の出来高は、24,399,068枚でした。スケールが違いますね。

ボリュームもさることながら、何よりも素晴らしかったのは、これほどの大幅記録更新であっても、障害を起こさなかったことに尽きるのではないでしょうか。

もっとも、システムへの負荷は、約定の数で図ることはできません。
気配を参照して注文を置き換える自動売買システムでは、秒間に何十回という注文取消と再発注を行うことがあります。トレーダー様は、システムを走らせるためのスイッチオンを1回なさるだけですが、取引所は取消等のアクションの都度、データの送受信を繰り返すことになります。1枚の約定のため、100回のCancel&Replaceが行われていたとしたら…お心当たりのある方、あなたも、取引所をいじめているかもしれません(笑)

トランザクション数は知るすべがありませんが、11月9日のTOCOMの出来高は、636,086枚でした。システムの処理能力に対する評価は人それぞれですが、処理能力を理由に取引を停止する事態を再発させてはいけないということは、共通認識でよいのではないかと思います。

では、どうすべきか?
取引所が処理能力の高いハードを導入するのも一つの方法です。ただし、これは取引所のコスト増になりますので、定率会費の引き上げにつながるでしょう。会員の負担が増えるため、委託手数料に転嫁して、最終的にはトレーダー様の負担となるかもしれません。
さらに、どこまでの処理能力を求めるか?というのは非常に難しい問題です。
過去の記録をベンチマークにしてもそれを超える事態が起こる可能性だってありますし、常に最高の状態を求めて最新機種を購入しても、それに足る出来高がなければ要らぬコスト増です。

前出のCMEグループは、1つの解法を示しています。
Messaging Efficiency Programという、単純に言えば、トランザクションに対する約定の割合が規定を下回るトレーダーに罰金が科せられる制度です。
取引が集中し易い米国の主要時間帯において、アルゴ等トランザクションが一定量を超えたトレーダーに対して、判定が行われます。
従って、ストラテジーに工夫が必要になるわけですが、たぬきとしては、この制度、悪くないのではと思う側面があります。
取引所との接続は、ハードの面では単純に、口が大きければ一度に大量にやり取りができるわけです。そうしますと、環境に巨額の投資ができる人ほど有利になるわけです。いかに利益を上げているトレーダー様でも、個人と機関投資家とでは、キャッシュフローの大きさが違います。
お金を持っている人が有利になるとか、配慮してトランザクション量を抑えた優しい人が馬鹿を見てしまうくらいなら、制度として確立している方が受け入れ易いように思います。

今後どのような方向に進んでいくのか?は取引所のみが知るところですが、先日のようなことは勘弁していただきたいと、切に思います。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 38 : 19 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

CME取引=Globexの時代へ

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ ご無沙汰しておりました・・・

CMEグループより、フロアー取引の閉鎖の報がまた届きました。
CMEグループと言えば、今でこそGlobexが主流ですが、もとはと言えばフロアーの市場。Globexを「時間外取引」と呼んでいたことからも、主はフロアーであったことがわかるかと思います。
メンバーの資格に応じた色のジャケットを纏ったブローカーたちが集い、素早い状況判断と機転とで、値決めを行ったものでした。
これは海の向こうだけの話ではなく、日本でも、各商品取引業者の業務部の社員が取引所に集まり、"手振り"で注文を通す習慣が残っていました。ほんのひと昔前のことです。今でも、古株の業界人などは、居酒屋に入って「8人!」と言う時に、片手で8を示したりします。店員さんには、絶対通じてないだろうけど…。

さて、冒頭で"また"とした通り、昨年夏に、通常の先物については、すでにフロアー取引は終了していました。今回決まったのは、存続していたオプション取引の内、New Yorkで行われていたものです。
シカゴのフロアーでは引き続き、株価指数先物等のオプション取引が行われるとのこと。まあ、こちらも、あとはタイミングの問題だけかもしれませんが。

閉鎖は2016年末の12月30日。New Yorkのフロアー取引に使用されている場所は、その後リースに出される予定だそうです。
収支を考えれば、もはや取引量の減ったフロアーを維持するより、電子取引へ切り替える方が、効率的なのでしょう。場所代もそうですが、4本値(始値・高値・安値・終値)にしても、フロアー、Globex、総合で3種類出すには、手間もインフラも必要としているわけで…ちょっと寂しいですけれど。

といっても、感傷に浸っている暇はありません。
もはやオプション取引もGlobexが主流になったということは、米国外のトレーダーにとっても収益機会になる得るということです。オプションそのものはもちろん、先物と組み合わせれば、ストラテジーの幅が広がります。
残念がら、当社ではまだシステムの対応ができていませんが、ニーズがあれば、個人的には何とかしたいと思っております。
どなたか是非やりたいという方、たぬきの背中を押すご連絡をお待ちしております。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 28 : 38 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

NYMEXのブレント原油 ~取引要綱~

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~

昨日取り挙げましたNYMEXのブレント原油の続きです。

NYMEXで「ブレント」の付く商品は幾つかあります。
Brent Crude Oil Futuresといういかにもな名称の物もありますが、最も流動性があり、ルールもICEブレントに近いのがBrent Last Day Financial Futures です。

どのくらい近いか?と言いますと、現物の受渡しができない(差金決済のみである)ことを除けば、取引ルールはICEのブレント原油とほぼ同じです。

1バレルあたりの価格を米ドル建てで取引し、変動は0.01ドル単位、倍率は1000倍。
取引最終日は「trading shall cease on the same termination day as the ICE Brent Crude Oil Futures Contract」、
帳入価格は「equivalent to the settlements in the corresponding ICE Brent Crude Oil futures contracts」と、決めそのものが「ICEブレントに同じ」としていますので、後発であるNYMEXブレントがICEブレントに寄せている、という表現の方がより正確かもしれません。

こちらは、手前の6限月の出来高です。出来高が増えたと話題のTOCOM原油も並べています。

原油出来高

もっとも期近の5月限は、31日に納会を迎えるため、29日で中心限月が次の6月限に移っています。
祝日の影響を除けば、中心限月の出来高は25,000枚前後。ICEブレントには比べようがありませんが、TOCOM原油を大きく超えており、取引に差し障る心配は概ねないと言えるのではないでしょうか。

最後だけ、覚えておいていただきい違いを。
まず、取引時間です。
NYMEXブレントはシカゴ時間17:00~翌16:00、夏時間中は日本時間の7:00~翌6:00
ICEブレントはシカゴ時間19:00~翌17:00、夏時間中は日本時間の9:00~翌7:00
日本の朝8時頃に、「ICEのデータ配信が止まってるよ!!」この手のご連絡、実は珍しくないです。
笑い話で済めばよいですが、うっかり止まった板を見て発注したりなされませぬよう。

それから、取引所等に支払う経費です。
ICEブレントは、取引所Fee0.25ドル、クリアリングFee0.57ドルの合計0.82ドル。
これはNYMEXのWTI原油の合計1.46ドルから比べれば結構安いのですが、なんと今、Brent Last Day Financial Futuresは、取引所Fee0ドルのキャンペーン中よって、取引1枚につき0.01ドルのNFA Feeのみです。

キャンペーンは6月末までです。この機会に一度、NYMEXのブレント原油について研究してみていただければ嬉しいです。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 44 : 41 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

NYMEXでブレント原油

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~

先週金曜は、グッドフライデーのお休みでした。
今週月曜もイースターマンデーということで、祝日とする地域も多かったようです。

さて、世界の原油価格の指標となる原油と言うと、WTI原油やNY原油の通称で呼ばれるWest Texas Intermediateと、北海ブレント原油が有名でしょう。両者は品質や流通範囲の違いから、全く同じ価格に収束するわけではありませんが、それでも同じ原油。WTIを取引する方もブレントの価格が、ブレントのトレーダーもWTIの価格が気になることでしょう。両方の価格から求める比価を基にしたトレード手法も知られています。

しかし、こんな悩みを抱えていらっしゃる方はありませんか?

まず、データ料の問題
TOCOMに絞っていらっしゃるトレーダーさんにはピンとこないかもしれませんが、今や、取引所での取引価格のデータは、タダではありません。
取引所がそれぞれ提示している月額のプライスデータ使用料は、
・CME NYMEX、COMEX、CBOT、CME:各85ドル (※個人ではないプロの場合)
・ICE US、UK : 各110ドル
配信業者(Distributor)が中間マージンを載せることもあり、NYMEXのWTI、ICEのブレントのデータを受信する場合、NYMEXとICE UKだけで、毎月約200ドルものランニングコストが発生してしまうのです。

それから、NYMEX、ICE両方でポジションを保有する場合、証拠金効率が悪くなります。
例えば、WTIの売りに加えて同限月同量のブレントの買いを持つ場合、一般的には、相殺機能が働くためWTI単独で持つよりリスクは少ない、と考えられると思います。
しかし、証拠金を計算するに当たって取引所は、自分のところのポジションしか見ません。この例でも、それぞれ、WTIの売りの片張りとブレントの片張りと判断され、証拠金がかさむことがあります。

これらはいずれも、取引所をまとめることで解決できます。
実は、WTIもブレント両方とも、NYMEXにもICEにも上場されているのです!
データ使用料は、基本的に市場単位での課金ですので、何銘柄使おうがお値段は変わらずです。
また、同一の取引所内であれば、ポジション全体でのリスクに基づいた証拠金としてもらえます。

NYMEXでブレント~?!と思われた方もいらっしゃるかな?
是非お耳に入れておきたい情報もありますので、その商品性について、次回以降で、もう少し詳しく触れていきましょう。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 06 : 29 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

CMEの取引所経費

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                     
今朝、CMEグループから、来年4月からの取引経費について、メールが届いておりました。

結論から言うと、全体の額は変わらないが、内訳が変わるというものでした。
ここでの内訳とは、従前、「Clearing fees」、「Globex fees」、「Exchange fees」などいろいろな名前で発生しているものです。
例えば、一般の取引1枚について、NYMEXのNY原油ことWTIは、Exchange feesの1.45ドルだけですが、CBOTのトウモロコシは、Exchange feesが1.89ドル、Clearing feesが0.06ドルで合計1.95ドル、といった要領です。いくつもの取引所が一つになった名残なのでしょうか。

しかし、CMEグループの料金体系は、メンバーの種類や特別なプログラムの参加者など、所属によって差がある上、もともとの銘柄数がすさまじい数なので、非常にわかりにくいのも事実。今回費用の細目がなくなり、すべて「Exchange fees」で表記されることで、少しでも状況が改善されればいいなと思っております。

なお、上記の金額には、NFAへの支払い分は含まれていません。実際には、あと0.01ドル加えたWTI=1.46ドル、トウモロコシ=1.96ドルを負担することになります。

そうそう、ついでに、TOCOMについて。
TOCOMの取引についても、取引所、清算機構、関係団体等への支払いが発生します。期が終わった後に会員で負担割合決めて清算することになっているものもあり、事前に正確な金額を算出することはできません。が、「予納額」と呼ばれる取引枚数に応じてとりあえず納める額は、定められており、来年度の金額は、この時期の理事会等で決定していきます。
全部出揃うのは、もう少し先かな?情報が入りましたら、追ってご報告いたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 40 : 54 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

夏時間への移行

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                     
3月未だ上旬ではありますが、今日などは都心はかなり暖かく、昼間出かけるにもコートいらずでした。

とはいえ、「夏」時間が始ります!というのは、さすがに違和感がありますね。
ここは、アメリカ流のDaylight Saving Time (DST)の言い方で、来週からのスケジュールについてお話ししたいと思います。

まず、今年のアメリカのDSTの開始は、3月13日(日)。午前2時になったら、ここで時計の針を一気に1時間進め、午前3時とします。従って、影響があるのは、日曜日の夕方から始まる14日(月)分の取引以降です。

例えば、WTI原油の取引開始時刻は、シカゴ時間17:00=NY時間18:00。
DST下でも、アメリカの時間では変わりませんが、日本時間に直すと、
標準時の場合→シカゴ時間17:00=NY時間18:00=日本の8:00
DSTの場合  →シカゴ時間17:00=NY時間18:00=日本の7:00
というわけで、日本在住のトレーダーの皆様は、14(月)から早起きだ、と覚えてください。

それから、もう一つ注意していただきたいことがあります。
アメリカとヨーロッパとで、DSTが始まるタイミングが異なるのです。
CMEのように、ずべてアメリカ時間で考えている取引所にとっては問題ないのですが、アメリカとヨーロッパの取引が混在するICEにとっては大変です。

例えば、ICE UKのブレント原油。
標準時かDSTかに関わらず、普段の立会開始は、NY時間20:00=ロンドン時間=1:00です。
しかし、ズレ期間については、アメリカの時計は1時間早まったのにヨーロッパはそのままなのでNY時間の20:00は、ロンドン時間の0:00に相当します。
ブレント原油は、年間を通して「NY時間20:00スタート」なので、ロンドン時間での表記は、一時的に0:00スタートとなります。

一方、ICE USの粗糖ことSugar No.11。
標準時かDSTかに関わらず、普段の立会開始は、NY時間3:30=ロンドン時間=8:30です。
しかし、ズレ期間については、ロンドンが8:30の時、時計を進めたNYでは4:30。
Sugar No.11は、年間を通して「ロンドン時間3:30スタート」なので、NY時間での表記は、この期間だけ4:30スタートとなります。
ついでに、ロンドン時間固定なので、ロンドン時間がDSTへ切り替わるまでは日本時間での開始時刻は据え置きです。ソフト系だけのトレーダー様は、あと2週間は早起きしなくてもいい?!

いずれにせよ、3月27日(日)を過ぎたら、平常運転です。
少々面倒なスケジュールですが、春と秋の風物詩と割り切って、乗り切ってくださいね~

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 28 : 35 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ドバイ・マーカンタイル取引所

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                          
お問い合わせがありましたので、こちらでもご紹介したいと思います。

CMEがシカゴマーカンタイル取引所、TOCOMが東京商品取引所、では、DMEは何の略?
答えは、Dubai Mercantile Exchange、すなわち、ドバイ・マーカンタイル取引所です。

ドバイといえばオイルマネーが創りだした高級リゾート地。旅行先として人気にもなりましたね。
売りもやはりオイルですが、中東の言語は英語ではないし、情報も少なく、なかなか踏み出すには勇気がいると感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし! DMEの銘柄は、CMEで取引が出来るのです!!
どういうことかと言いますと、DMEは、CMEグループがDubai Holding, Oman Investment Fundとともに作った取引所なのです。ひところ盛んだった取引所の吸収合併のように、完全に傘下に入るわけではなく、あくまでDMEは独立した取引所として存在しています。が、独自の取引システムは持たず、資本が入っているCMEグル―プのGlobexを利用しています。
従って、トレーダーの皆様は、お使いのシステムやブローカーが対応していれば、あたかもNYMEXの1銘柄であるかのように、ほぼシームレスで、DMEの銘柄を取引することが出来るのです。

肝心の銘柄のご紹介が遅れましたが、DMEの人気銘柄は、Oman Crude Oilとなります。
数年前までTOCOMの東京原油は、オマーン原油とドバイ原油のハーフ&ハーフを標準品として値決めをしていたので、オマーン原油の名に聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
今は、TOCOMはドバイ原油となってはおりますが、オマーン原油なら同じ中東産同士、アメリカのWTIや北海のブレント原油とは違った取引の手法も生まれるかもしれません。

当社でも、DMEのお取引は、海外取引のCQG社のISVでご提供させていただいておりますよ~

最後に1つご注意。ほぼシームレスと申しましたが、マーケットデータ料だけそうはいかず、NYMEXとは別に、DMEデータ購読料が必要となります。これも仲良く分け合ってもらえないですかね?取引所さん!!


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 10 : 56 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

CME 変更もろもろ

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                          
春節明けで懸念しておりました上海株、下落で始まったとはいえ何だか半端な下げ幅で、拍子抜けするような週の始まりとなりました。他方アメリカは、15日の月曜は休場。方向が見えてくるのは、市場に皆が揃ってからですかね。

さて、CMEグループから来ておりました、もろもろの変更通知がいくつかたまってきましたので、まとめてお知らせしたいと思います。

1)2016年2月22日計算区域から、COMEXのミニ金、ミニ銀の名称が変わります。
<現行>COMEX miNY Gold Futures ⇒ <新>E-mini Gold Futures
<現行>COMEX miNY Silver Futures ⇒<新>E-mini Silver Futures
ちなみに、COMEXの金のラインナップは、
Gold Futures (標準、100倍)
E-mini Gold Futures(ミニ、50倍)
E-micro Gold Futures(マイクロ、10倍)
で、ミニとマイクロとが名前が似ていますが、商品コードは前者がQO、後者がMGCですので、お間違えなきよう。

2)2016年2月29日計算区域から、Livestock銘柄の取引時間が変わります。Livestockとは、いわゆる肉系のLive Cattle(生牛)、Feeder Cattle(肥育牛)、Lean Hogs(赤身豚肉)の総称です。肥育牛は、これから育てて大きくする若い牛で、日本では素牛(もとうし)というのでしょうか…余談ですが、和牛は、素牛の生産農家と、素牛を買って大きくして出荷する肥育農家とに大別されます(もちろん一貫でやっているところもあります)。近年、素牛の価格が高騰しており、肥育農家の経営が厳しくなっているといいます。
話を戻して…電子取引の取引時間は
<現行>月曜9:05~金曜13:55 うち、16:00~翌8:00は中断
<新 >月~金曜それぞれ8:30~13:05
なお、帳入価格の算出ピリオドは従前と変わらず、12:59:30~13:00:00ですので、かなり終値に近づくことが予想されます。

3)2016年2月8日実施済み 大豆ミールの2019年の限月が削除
大豆ミールの限月は、もともと2019年の7月、10月、12月が発会していたのですが、これらが、なくなりました。3年以上先の限月ですし、取組高が0の状態での措置ですので移管等の影響はありません。
取引所としては、2019年の限月は再度上場するつもりであり、その際には要綱の変更を伴うかもしれないと書き添えられています。

以上です。
そうそう、15日のアメリカ市場は休場と申しましたが、NYMEXの原油やCOMEXの金は、清算こそお休みになる(16日分とまとめられる)ものの、立会自体は時間を短縮して行われております。日本時間16日朝3:00までは、いつも通り、海外の動きもチェックしてくださいね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 09 : 19 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2015年売買高から振り返る!2016年、取引すべきは?

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                          
しばらく更新が途切れており、大変失礼いたしました。
その間、CMEグループのフォーラムへ参加して参りましたので、聞いてきたお話を差し支えない(であろう)範囲でご紹介したいと思います。手始めに、2015年の売買高について。

2015年のCMEグループ全体での売買高は、2014年に比べ、2.6%増加しました。
1日当たり平均売買高に換算すると13,959,589枚と、1400万枚に迫る勢いです。
しかし、CMEグループの主力である金利や債券部門の1日当たりの平均売買高は、むしろ減っています。その幅約30万枚。これを補って余りある増加を見せたのが、我らがコモディティの、エネルギー(+約34万枚)と農畜産物等(+約15万枚)なのです。

エネルギーの中でも、もっとも著しいのは、ブレント原油です。
え?ブレント?間違いではありません。
ICEことInterContinental Exchangeで取引されている北海ブレントは、NYMEXにも上場されており、目下売出し中の成長銘柄。めきめきと取引量を伸ばしているのです。
しかし、NY原油の名前でも呼ばれるレジェンド、WTI(West Texas Intermediate)も負けてはおりません。前年比4割近い伸びで、年間売買高は5年債を上回りました。この数字には、債券や金利のディーラーから驚嘆の声が上がったとか上がらないとか…。
もちろん、原油だけでなく、同じオイル関連商品であるRBOBガソリン、そして天然ガスも前年比2ケタを記録しております。

農産物は、大豆が若干落ちるものの、トウモロコシ、大豆ミール、大豆油、小麦と主力商品が仲良く前年比20%前後の伸びとなりました。
ただ、CMEのスピーカー曰く、これは「モンスター」と呼ばれたエルニーニョの影響が大きいかもしれないとのことです。
しかし、この発言、裏を返せば、エルニーニョがラニーニャに移行すれば、2016年も同様の賑わいとなる可能性もある、ってことですよね~

2015年、コモディティは熱かった。
原油主導で株価も動く今日この頃。2016年も、コモディティ抜きにはマーケットは語れないのでは??

にほんブログ村 先物取引ブログへ

19 : 16 : 56 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (66)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (338)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事