FC2ブログ

現受け/現渡し(1)

お疲れ様です。たぬきです~

20日のTOCOMパラジウム相場は目を見張るものがありました。
先物2020年12月限は前日比316円高の9216円、当限同2月限は501円高の9990円で引けました。

当限は週明け2月25日(火)が納会ですから、取引できる時間は、もう僅かです。
にも関わらず、19日取引終了時点での取組高は205枚。あと2営業日の全ポジションの決済の注文が出されるのでしょうか?
いえいえ、「受渡し(現受け/現渡し)」という可能性があります。

「受渡し」とは、要は、モノとお金のやり取りをすることです。
商品先物の基本に立ち返ってみましょう。
商品先物取引は、将来の決められた期日にモノを買う/売る約束です。その期日までに、買う約束をした人は転売、売る約束をした人は買い戻すこと(=差金決済)によって取引の当事者でなくなることも可能ですが、本来、予め約束した価格で買ったり売ったりすることができるのです。

とはいっても、2.4トンの小豆を用意したり、海上で船に積まれたガソリンを受け取ったりというのは、当業者でなければ不可能な相談。一般投資家が入りこむ余地のあるのが、唯一、貴金属といえます。

「現受け」で用意するものは、お金。予め買いポジションを持っておき、取引員に対し、現受けの意思を伝えます。
納会し、受渡日になりましたら、倉庫に「倉荷証券」を取りに行きます。
やり取りするのは貴金属そのものではなく、どこどこの倉庫に収められているという証書です。
証書のまま持っていると、商品先物市場で「現渡し」するときに便利ですし、所有している間、商品先物取引の証拠金として利用することもできます。ただし、倉庫会社に対する保管料というランニングコストが発生します。

「現渡し」はお金の代わりに、先述の「倉荷証券」を用意します。
もし現物の貴金属で持っている場合、入庫されている同量の他の地金の倉荷証券と交換する(スワップ)取引か、所定の鑑定を経て倉庫へ預け証書を発行してもらう(=入庫)の措置が必要になります。
「倉荷証券」を「現渡し」用として取引員に渡し、売りポジションを持ったまま納会すれば、受渡日以降に現金を入金してもらえます。
ただしスワップといい入庫といい、思い立ってすぐにできるものではありません。「倉荷証券」を持っていない場合には、とにかく早めに動くことが肝要です。

先物で買った値段で現受けして塩漬けしたり、モノと同時に売りポジションを持つことで、一定の売却価格を確保する。現物と先物とを組み合わせると、戦略の幅が拡がります。
ただし、前述の保管料の問題はじめ、いろいろ考えなくてはならない問題もあります。
長くなりましたので、次回につづく~。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 30 : 22 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<発注の際の小ワザ | ホーム | TT®のカスタマイズ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/935-1e242c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (135)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (41)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (92)
Tokyo Financial Exchange (9)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (20)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (5)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (50)
Derivatives (66)
etc (378)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (8)
New TOCOM (8)
CQG (1)
総合取引所 (4)
Cryptocurrency (2)
TT® (12)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事