FC2ブログ

板寄せと大阪堂島商品取引所

お疲れ様です。たぬきです~

TOCOMが日本取引所グループ(JPX)の子会社になって…と総合取引所の話を取り上げましたが、日本にはもう一つ商品取引所が存在します。「コメ」で知られる大阪堂島商品取引所です。
TOCOMとOSEの清算機能の統合により清算部分こそ変わりますが、本取引所は7月以降もJPX傘下には加わらず、単独での運営を続けていくことになっております。
独自路線を歩む本取引所、なんと、2018年10月まで、取引歴の長いトレーダー様には懐かしの!!「板寄せ」方式で取引が行われておりました。

今日一般的な「ザラバ」方式は「連続」方式とも呼ばれ、決められた時間中、価格が対当すれば、DCB幅外の場合を除き、次々と約定していきます。対当都度約定するので、同じ取引日内でも約定価格はバラバラです。
他方、「板寄せ」は、いわばセリ。掲示された価格に対する売り買いの注文を出し合い、全員の注文が1つの価格で約定するよう調整していきます。
例えば、15,000円でセリがスタート、買い注文20枚、売り注文15枚が出されました。
買い注文が5枚余っていますので、さらに売りが5枚出てくれば、この回は15,000円で約定、と相成ります。
売りが出てこなければ、買付け側の選択は2つ。
1つは、どうしても買いたい場合で、売り注文を呼び込むため、より高い価格へ変更します。
15,010円? 15,020円? 15,030円なら売ってくれる??? と価格を上げながら売り手の出方を待ちます。もし15,050で売りが5枚飛び込んで来たなら、15,050円で売り買い20枚ずつが対当、約定となります。
もう一つは、買い注文が余る=供給過多とみて、買付けを見合わせる場合。
買い注文が5枚取消されれば、15,000円で売り買い15枚ずつが対当、約定となります。

この通り、板寄せには、参加者同士の呼吸が必要となります。
かつては「取引所」に、各取引員の代表が集合、注文を出し合っており、余った注文を引き受け約定を付けることは「ハナ取り」と呼ばれ文字通り、取引の「華」だったりしました。

日本古来のユニークな取引方式なのですが、決まった時間にしか取引が出来ないという側面もあります。また、委託者の注文を直結で取引所へ送る時代にあっては、良くも悪くも取引員の裁量の働く余地がないため、板寄せの魅力は薄れたのかなあと思ったりします。

最も、板寄せは取引の世界から完全になくなってしまったわけではなく、寄付き前や、引けの価格の決定に当たっては今も用いられています。形は少し違えど、基本の考え方は同じです。
15:10からの5分間は何をやっているのか?
板合わせなのに成行が約定しない?
疑問を感じていらっしゃるトレーダー様は、是非お問い合わせください

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで


にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 37 : 07 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2020年祝日スケジュールにご注意を | ホーム | アウトライトと証拠金>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/916-4ec9b33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (135)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (41)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (92)
Tokyo Financial Exchange (9)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (20)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (5)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (50)
Derivatives (66)
etc (378)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (8)
New TOCOM (8)
CQG (1)
総合取引所 (4)
Cryptocurrency (2)
TT® (12)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事