スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

Skewness(1)

現在のトレーディングの主流となっているのは速さで取るか、歪みで取るかのどちらかによる様です。


このブログもさほどアクセス数が多い訳ではないですが、皆様もよく知っている大手投資銀行などからアクセスがありますが、検索ワードの上位は『High-frequency trading 』や『Marketmaking 』などが多いです。


速さと歪みの両方で取るのが一番良いとは思いますが、その両者で何らかの優位性を取ることは非常に難しいと思います。


速さの優位性を取るには、高性能の設備が必要となりますので巨額の投資が必要となります。その投資に対してのリターンが見込まれることを正しく判断するには、経営上のスキルも必要となりますしシステム上のエンジニアリングのノウハウも高くなければ実現することは難しいと思います。


歪みの優位性を取るには、高度な数理の知識や一意性を保持しているモデルが必要となります。学習や持続的な検証及びモデリングによって開発が行えると思いますが、暗黙知を形式知に変換するということになりますので論理的思考を持ち金融上のエンジニアリングのノウハウを必要とします。時間が非常に掛かりますが諦めずに行っていけば優位性を発見出来るかもしれません。


しかし、長い時間を掛けて発見した優位性がすぐに消滅しうるかもしれません。なので優位性を発見するプロセスや思考がノウハウになると思います。


優位性を保持している間は、可能性のある限りエッジを取りに行くことが絶対的だと思います。


安定的な収益の為に頑張っていきましょう^^




Skewness


16 : 28 : 51 | Algorithmic trading | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Brokerage fee(1) | ホーム | RSS3(1)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/85-4c050171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。