個別株は難しい?!

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~ 

Bloombergの記事からです。

アリゾナ州立大学の教授が調査したところによると、アメリカの株式のうち半数以上が、米財務省短期証券(Tビル)のパフォーマンスを下回っているのだそうです。

研究は、1926-2015年の90年間について、アメリカの約26,000銘柄を対象に行われたそうです。
上場期間における月次のリターンを算出したところ、半数以上の銘柄がマイナスであり、Tビルのプラス0.38%を下回るものとすると、なんと58%もの銘柄が該当してしまったそうです。

株式全体の平均では、月次リターンはプラス1.13%となっているにも関わらず、です。

これは、全体では上昇しているものの、それは、一部の銘柄の功績によるものであったということにほかなりません。
しかも、上昇分の半分は、わずか86銘柄によるものだそうなので、その偏り様は相当なものです。

つまり、株式市場は、約6割の負け組と、約4割の現状維持~やや勝ち組と、ほんのひとつまみの超勝ち組とで構成されている訳ですね。個別銘柄への投資は、かなり分が悪そうです。
投資信託では、内取りの手数料や成功報酬が気になってしまうたぬきですが、インデックス型の方が成績上でも有利とは、いよいよアクティブ型を選ぶことはないかな~。

もちろん、この研究は90年という長期スパンでなされているため、トレーダーの皆様の時間軸ではまた違った結果となることでしょうけどね。

しかし、もし、予想が外れたときには、この結果を活用させていただいちゃいましょう。
「だって、株を当てるのはこんなに難しいんだよ!!」って。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 30 : 00 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<変わる!FX法人証拠金 | ホーム | TOCOMのニッパチ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/826-53c6ef18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事