拡がるか?社債投資

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~ 

週前半にはイギリスのメイ首相のブレグジットに関する演説があり、週末には件のトランプ氏の就任式が予定されおり、盛りだくさんながらも、動きづらい夕方を迎えております。

ニュースと呼ぶにはちょっと間が空いてしまいましたが、是非取り上げたいものが。

「日本生命、企業年金の運用を国債から社債・融資中心に」という見出し。先週一部新聞で報じられたもので、正式なプレスリリース等は見つからなかったのですが、本当だとしたら凄いことじゃありませんか?!
だって、年金基金ですよ。それも、保険業界最大手の一角のこと、集める資金量といったら…それが社債に向かうわけです!!

まず、銀行の地位が揺らぐかもしれません。
今のところ日本では、企業が資金を必要とする場合、銀行からの融資に頼るのが一般的です。ゆえに企業は、銀行に頭が上がりません。
しかし、社債の市場に巨大なマネーが流入すれば、社債による資金調達が可能となります。こうなれば、銀行もうかうかしていられなくなります。
銀行最強の構造に、風穴を開けることになるかもしれません。

それに、個人にも取引がしやすくなるかもしれません。
正直、社債投資は、敷居が高いと思ってます。たぬきは。
相対だし、個人向けって機関投資家向けと違うところがあるの?とか、何か不透明で面倒で。かといって、社債中心に運用している投資信託も、内取りの手数料が気になる性分には向いていません。
今は新株予約券付とか限定的ですが、機関投資家も個人も、公設の市場で一緒に取引できるのが一番ではないでしょうか。
取引量が増えれば環境整備も進むかもしれません。

巨大と言っても一企業の決定に日本経済の活性化を期待するのはムシが良過ぎる感はありますが、トレーダー様方の収益機会が増えれば、それに越したことはないのかな、と思います。
まあ、年金と言えば、取引するのはトレーダー様だけではありません。企業年金があるなんてかなり恵まれている方!われわれ一般個人も確定拠出年金として、自分の腕で殖やさねばならない時代ですから。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 10 : 00 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あなたの行動は見られてる?!トレーダー監視ソフトとは | ホーム | そろそろ準備を!確定申告の季節です>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/817-af90f2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (66)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (338)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事