スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2016年12月27日に発生したTOCOMの障害について

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~ 

12日夕方に行われましたTOCOM浜田社長の定例記者会見で、昨年末27日に起きた障害について言及がありました。
これは、15:15の日中立会終了後、帳入価格の配信が行われず、夜間立会が18:15寄板合わせに延刻されたもので、会見の内容は、伝わっている限りでは、
1)原因は、OSEと共同利用している帳入値段配信システムの不具合であったこと
2)システムを増強しており、同様の障害は今後は起こらないはず
というものでした。

原因が特定され、対応もなされたといいますが…消化不良な感じです。

まず、不具合の内容や対策の報告が十分でないかと。
当日、帳入値段は、各取引参加者に対しメールで通知されました。
配信部分の問題という報告は、電文を流すことができなかったことと矛盾はありません。
DCBの基準価格を前々営業日の帳入価格としたのも、取引所電文でしか帳入の更新をかけられないシステムへの配慮だったのでしょう。
ただ、帳入値段の一覧がメール送信されたのは、17時を回った後でした。配信部分の問題というには、ちょっと遅すぎやしませんか?

同じく、システムの"増強"で対策を講じたというのも意味がわかりません。
オプションやJGBの事情までは把握していませんが、少なくともTOCOMの先物については、限月の数は営業日を問わずほぼ一定、配信すべき帳入値段の数が増えることはないと思うのですが…
"配信"という言葉から直感できる以上の問題があったのであれば、きちんと説明して欲しいと思いました。

それから、当日の経緯に関する言及がなかったことです。
一つは、なぜ、あわや寄付きまで、延刻の決断ができなかったのか。
取引所は16:15、帳入値段を取引参加者へ知らせぬまま、注文受付を開始しました。
たかが帳入値段というわけにはいきません!
リアルタイムでのロスカットありの口座を除けば、証拠金不足の判定は通常、帳入値段で行うからです。不足発生時の新規取引を禁止している口座では、夜間立会における発注制御を決められません。
それから、帳入値段の更新をもって営業日変更処理を行う仕様のシステムが多いようです。
当日16:15からの板がスカスカだったのは、そういうことではないかと思います。停止が決まるまでの15分間、取引できない委託者の皆様や参加者がどれほどの不安と恐怖にさいなまれたことか…。
16:30間際に停止された理由のBCP発動(3分の2以上の参加者が取引所システムに接続できない)は、16:15の時点でわかっていたはずです。もう少し迅速な意思決定ができなかったものかと思います。

二つ目に、先述の、帳入価格を周知したメール送信があの時刻になった理由。
多くのシステムでは、メールで受け取った情報を基に帳入値段の更新をかけ、営業日変更処理を行ったようです。
つまり、帳入値段のメールをもっと早く送っていれば、もっと早く事態を収拾できたのではないでしょうか。
さらに、問題が起きたのが、本当に"配信"部分だけで、通常帳入値段が判明する15:30頃に算出はできていたならば、早々にメールを送ることで、各社16:15に間に合った可能性だってあったと思うのです。

今回のことを取引所が、人的対応も含めきちんと振り返り、今後の糧としてくれることを切に望んでおります。
続報がありましたら、お知らせさせていただきます。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 00 : 00 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<次の金商法改定で…HFT業者が登録制に?! | ホーム | 著名投資家だって負けるんです。トランプ相場で10億ドル>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/812-090242fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。