11月の出来高は前月比45.3%増?!

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~

CME、TOCOM両取引所の11月の概況が発表されております。

CMEのプレスリリースでは、「出来高の1日平均が前年同月比52%アップ」の文言が見出しに踊っていましたが、
これは株や金利、通貨先物を含みますので、コモディティ単独では、28.8%増でした。
また、同じくコモディティ単独の先月10月比は、21.7%増でした。
一方、TOCOMはというと、前年同月比21.9%増、同年前月比45.3%増でした。

TOCOMについては、6月から月間の出来高の減少が続いていたので、久しぶりに明るいニュースです。

ただ、11月は、序盤のアメリカの大統領選挙を分岐点にマーケットの様相が大きく変わりましたし、OPECの減産合意など投資家心理をくすぐるトピックもコンスタントに出てきました。
このような、マーケットの力によって増える出来高は、いわば特需。マーケットが再び凪になれば、まるっと退出する恐れのある浮動票ですので、TOCOMが自力で増やした分を見極める必要があると言えます。

10月比45.3%増について、もう少し細かく考えてみましょう。
各部門別の前月比を算出してみますと、
金単独:69.8%
貴金属全体:49.3%
原油、ガソリンなどエネルギー部門:28.2%
農産物:マイナス です。

つまり45.3%という数字は、TOCOMの出来高の30%以上を占める金を中心とした貴金属の功績で底上げされたものだ、ということが言えるのではないかと思います。

次に、CMEについて、部門別の前月比を見てみましょう。
金属・非鉄金属部門:86.0%
エネルギー部門:15.0%
農産物:14.3%

含む銘柄が異なる影響は多分にありますが、ざっくり、マーケットによる出来高への影響は両取引所でおおむね同じと考えてよいのではないかと思います。
その前提で見比べますと、金属・非鉄金属部門でのTOCOMの伸びは、物足りないと言えます。CMEでは、今、銅の取引をしきりに宣伝しているので、そのような努力が形になったのかもしれません。
一方、原油をはじめとするエネルギー部門は、健闘したといってよいのではないでしょうか。ファンド玉の流入等が続く、TOCOM一番の成長株らしい結果です。
そして、農産物。CMEではエネルギーと遜色ない増加を見せているのにTOCOMではマイナスというのは、マーケット云々ではない市場からの退出があった証拠でしょう。

世界でトップのCMEでさえ、日々新しい銘柄の上場や規程の変更等対応し、出来高を増やす努力をしています。いわんやTOCOMを、です。
表面の数字に胡坐をかくことなく、どうしたら投資家がTOCOMに定着してくれるのか?を我々取引参加者も一緒に考え、実践していかねばなりません。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 00 : 00 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NYMEXで取引しよう♪ブレント原油 | ホーム | 年間利益の理想額?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/790-bdb0dade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事