原油やるなら東京?WTI?

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~
                          
チャイナショックに、米株安に、株式も為替もてんやわんやですが、コモディティの方も負けては(?)おりません。

今朝の外電では、1月7日のNYMEXの取引について、
WTI2月限終値33.27ドル
前日比-2.06%
セツルメントベースで11年11ヶ月ぶりの安値
といった活字が躍っておりました。

ご存知とは思いますが、大まかな値動きを、月足でどうぞ。
WTI 月足

改めて眺めてみますと、半年で倍になったり、1年で3分の1になったりといったことは、もはや、そう驚くことでもないのかもしれません。
ただ、これは原油。燃料として機械を動かしたり発電はもちろん、プラスチックやら繊維やらのあらゆる素材の原材料としても欠かすことのできないものです。
その値段がこんな動きをしているにも関わらず、製造、流通、サービス業などすべからく会社というものは、安定した利益を上げていくことを求められるわけで…。ヘッジって大切なんだなぁと率直に思います。

なお、東京原油先限(6月限)の8日の取引は、約7年ぶりに25,000円を割り込んだ前日から一転、+1,370円で取引を終えております。並行して行われているNYMEXの8日の取引もそうですが、東京の価格は、やはり為替の影響が強く出ますよね。

常々思うのですが、円建て換算しての取引もよいですが、いっそ海外市場でWTIや北海ブレントを直接取引するのも、シンプルでやりやすかったりしませんかね?
ネックとなるのは、保有することになるドル資産の為替ヘッジですか?ドル建てで得た収益を円転するときの両替ですか?それとも、海外送金になる場合の送金手数料でしょうか?
どれか、あるいは別の理由がありましたら、是非教えてください!!

にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 33 : 27 | Commodity | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CMEの売買コスト縮小策 | ホーム | TOCOM取引ルールの変更~帳入値段等編~>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/738-ad5dc379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事