アジアインフラ投資銀行は世界地図を変えるのか?

こんにちは、湘南烏帽子岩です。

今月12日に米エネルギー情報局より発表された週間原油在庫統計によると、原油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫は15週連続で増加し続け、約2年振りに過去最高の水準を更新したようです。米国内では原油貯蔵能力の限界が近づいていることが警戒される中、どこまで在庫が増え続けるか気になるものです。

さて、今月17日、中国が提唱し設立が目指されているアジアインフラ投資銀行にドイツ、フランス、イタリアが参加することを表明したそうです。今月12日に参加を表明したイギリスと合わせてG7の4ヶ国が加盟することになります。
アジアインフラ投資銀行とは、アジアの発展途上国を支援することを目的とした銀行で、設立を提唱した中国を中心に、これまでインドやニュージーランド等が参加を表明していますが、発展途上国への支援という点については既にアジア開発銀行という金融機関があり、日本や米国は中国及び人民元の影響力を高めるために設立しようとしていると批判的な見方を示していましたが、今回G7から続々と設立を表明した国が現れたことで他の国の見方にも変化が現れるかもしれませんね。
長らく続いてきた基軸通貨に変革が訪れるきっかけとなるかもしれない出来事だけに、今後の行く末に注目したいところですね。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 27 : 08 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<将棋電王戦Final 第2局 | ホーム | 夏時間前の一大イベント>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/730-6d50587d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事