TOCOMの切り札か?! 商品間SCO始まる!

お疲れ様です。たぬきです~
ご無沙汰しておりました。
さて、同じく本ブログで最近ご無沙汰気味の東京工業品取引所(TOCOM)で、新たな動きがありましたので、お知らせしたいと思います。

TOCOMのプレスリリースでは「商品間スプレッド取引に対応したSCOの提供について」というタイトルになっておりますが、商品トレーダーの皆様には「クラックやストラドルのSCOの取扱いが始まる」と言う方がピンとくるかもしれません。
「クラック」や「ストラドル」は、他のマーケットには存在しなかったり、違う意味で使われている言葉ですので、最初に触れておきたいと思います。

まず、「クラック・スプレッド」。これは、原料と製品の間の価格差を利用する取引です。
どのような場面で使われるのかというと、例えば、大豆を砕いて絞り、大豆油と大豆粕とを作って販売している加工業者。
利益は、製品の販売価格と原料の仕入価格の差ですが、原料価格も製品価格もそれぞれの事情で変動しますので、利益幅は大きくなったり小さくなったりします。
しかし、経営の安定のためには、利益幅は一定であることが望ましいに違いありません。

そこで、大豆を買い、大豆油と大豆粕とを売るヘッジを行います。
このとき、(大豆油価格×0.18+大豆粕価格×0.8)<*>が、大豆価格より、必要な価格差分高くなるよう約定させる必要があります。
もし、大豆価格が上昇、製品価格が下落すれば、業者の利益幅は狭まりますが、ヘッジポジションでの利益がそれを補ってくれます。
あるいは、大豆価格が下落+製品価格が上昇すれば、業者の利益幅はより大きくなります。ヘッジポジションはマイナスとなりますが、現物の取引で増えた利益幅により相殺されるので、やはり希望の利益幅を確保することができるというわけです。

もちろん、クラック・スプレッドは業者だけのものではありませんし、使い方はヘッジに限ったものでもありません。
要は、原料と製品の価格差の、広がったり縮んだり元に戻ったりする習性を利用するものを指し、特定の銘柄の上げ下げを予測するよりリスクの低い取引手法として、広く浸透しています。

もう一つの「ストラドル」という言葉は、オプションではコールとプット両方の買いまたは両方の売りを持つストラテジーとして使われていると思いますが、コモディティでは、似て異なる商品の売りと買いとを指します。
貴金属同士で金と白金、石油製品同士で灯油とガソリンなどの組み合わせが知られており、クラックと同様、複数の商品の価格差の変動を利用します。
似て非なる商品同士の組み合わせに限られるのは、全く異なる値動きをするものでは、価格差が一定水準に収束しないからです。

「クラック」と「ストラドル」に共通して言えるのは、異なる商品の売りと買いとを、同時に約定させる必要があることです。
言葉にすると簡単ですが、これを手動でやるのはなかなか至難の業。時々刻々と変化する気配値を見ながら、両方の最良気配値の差が求める価格差になるのを待ち、「せーの!」で一度に発注します。それでも、希望した価格差より数Tickずれてしまうことはよくある話ですし、下手をすれば、片方だけが約定、もう一方は約定しないまま、どんどん値位置が変わっていってしまうこともあります。

よってコモディティの取引所には、SCO(Standerd Conbination Order)という注文スタイルが用意されており、TOCOMでも同一商品の異限月間の価格差を利用する「カレンダー・スプレッド」SCOは導入済みです。
カレンダー・スプレッドのSCOの発注では、限月の代わりに限月の組み合わせを、価格の代わりに価格「差」を指定します。
「売」は期近の限月の売り+期先の限月の買いを、「買」期近の限月の買い+期先の限月の売りを意味します。
SCO1枚の約定は、売り買い1各枚ずつ合計2枚の約定ということになります。

長くなりましたので、今日はここまで。次回は、商品トレーダーの方にもお楽しみ頂けるよう、SCOの約定の、細かい部分についてご説明したいと思います。

<*>大豆加工の歩留りによる

にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 57 : 07 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<TOCOMの切り札か?! 商品間SCO始まる!2 | ホーム | 商品間スプレッドがSCO化に>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/659-b384326e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
garcinia cambogia reviews
実践!アルゴリズム・トレード! TOCOMの切り札か?! 商品間SCO始まる! garcinia cambogia reviews【2014/07/08 23:50】
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事