偽札と通貨の価値とインフレーション

お疲れ様です。たぬきです~
宇都宮市で偽一万円札が見つかり、話題となっています。発見されたのはこれまでのところ2枚で、いずれもタクシーの売上金からだそうです。
不謹慎な言い方ですが、つくる手間暇を考えると20,000円では割に合わないので、実際には、もっと多く存在することが予想されます。

偽札というと、どこかの国ではATMから出てくるなどと一時話題になりましたが…日本にいる限りは、遠い存在に感じるのではないでしょうか?
実際、国内で起きた偽造事件は、未解決のまま紙幣のデザインや仕様変更で対応されたものも含め、規模から察するに、あくまで、犯人が自分の利益のために起こしたと思われるものがほとんどです。このような場合、偽札が巡り巡って自分の元にやって来ない限りは、特に影響はないかもしれません。
しかし、犯人の目的が別のところにあるケースでは、そうも言っていられません。例えば、古からの常とう手段として、敵対する国に偽札を流通させるのはその国の経済を混乱させるためです。偽札の横行→その国の貨幣に対する信頼感の低下→その国の貨幣価値の低下→ハイパーインフレ―ションや極端な通貨安による国力の低下 といった流れで、米ドル札の偽札として有名なスーパーKなどは、このような類の目的を帯びた偽札であるといいます。日本もいつ標的となり、突発的な偽札事件によって為替市場で円暴落が起こるとも限らないわけです。

もちろん、発行体である国家も指をくわえてみているのではなく、デザインの変更や、色やインク、透かしやホログラムなどの技術を駆使して、偽造防止に努めています。
それから、素材も。日本の紙幣に使用される紙は、ミツマタにマニラ麻を加えて作られていますが、その配合比率は秘密とされています。
他の国に目を向ければ、"紙"幣から、プラスチックに切り替えているケースもあります。
プラスチックと言っても紙のように薄いポリマー樹脂と呼ばれるものですが、一般人が容易に手に入れられるものではありません。丈夫なうえ、特殊な印刷を施せば印字もはがれることなく紙より長期間の使用に耐え、長い目で見ればコスト減にもなるとか。
パイオニアであるオーストラリアのほか、ニュージーランドやシンガポール、ベトナムやルーマニアでも、流通している紙幣はポリマー紙幣です。また、かつてカナダ中央銀行総裁としてポリマー紙幣の導入を成功させ、現在はイギリス中央銀行総裁を務めるカーニー氏は、今後はポンドのポリマー紙幣化を検討しているそうです。

偽札の横行によって自分の資産が目減りするなど納得できるわけもありませんが、個人レベルでできることは、実物資産など貨幣以外の資産の割合を増やす、信頼できる国の発行する通貨でかつ多様な国の通貨に分散して持つ、といった程度に限られてしまいます。
ここは、国の努力に期待したいところです。

ちなみ、万が一、手元に偽札が回ってきてしまった場合ですが、銀行に持ち込んでも本物と交換するルールはありません。偽札とわかった上で使用したなどは、罪に問われることがあるようですので、ご注意を。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 48 : 48 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MRIと投資教育 | ホーム | 商品ヘッジファンドの閉鎖~クライブ・キャピタル~>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/639-fd48c19a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事