スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ゴールドマン・サックス・グループの倉庫 2

お疲れ様です。たぬきです~
昨日は、LMEの指定倉庫での受け渡しに最長7か月にも及ぶ待機期間が生じていること、アルミニウムを購入し缶に加工して使用するビール飲料会社が、LMEのルールを悪用した倉庫会社が不当に「価格操作」を行っていると訴えているということまでお話ししました。

そろそろ登場人物の1社を明かしますと、新しく加わるゴールドマン・サックス・グル―プ。(傘下の会社が)倉庫会社、という立ち位置ですので、上記の訴訟における被告です。

被告にとっては、受渡しは長引けば長引くほど、有利に働きます。受け手が品物を倉庫に置く時間に比例して、得られる保管料が増加するからです。ここに、利益相反の関係があります。
とまあ、そこまでは、LMEの倉庫に限ったことではないのですが、LMEではなんと、倉庫からの出庫のタイミングを倉庫会社が主導できてしまうのです。
例えば、我らがTOCOMの貴金属は、納会日から受渡期限までの期間を4営業日(12月は除く)と定めています。ブローカーは、この規則に違反しないために、納会日の前営業日までの倉荷証券または総代金の納入させて受渡しに備えます。
一方、LMEが指定するのは、一日に倉庫から出さねばならない最低限の量です。倉庫会社単位で定められるこの最低量には、倉庫の規模や棟数は考慮されないため、多量の受渡しを行う大きな会社は、ダムから蛇口で水を出すような"出し惜しみ"ができてしまいます。
在庫が増え、倉庫にとどまるアルミニウム量が多くなれば…先述のように倉庫会社の収入が増えますが、影響はそれだけにとどまりません。倉庫からの出庫量がアルミニウムの流通におけるボトルネックとなり、価格は上昇することでしょう。これには、業績不振に苦しむアルミの生産業者が精錬コストを転嫁するため、一枚噛んでいるという黒い噂もあります。
確かに、倉庫会社、当業者が手を組めば、市場価格は、上昇させることだけでなく、下落させることも思いのままにできそうです。しかも、冒頭の会社名は…トレーダーの皆様にとってあまりにも馴染み深いこの名前は、海運会社でも物流会社でもありませんが、しかし、このからくりに基づけば、彼らが倉庫会社を持っている意味がしっくりきませんか?

LMEも問題を放置できなかったようで、出庫量以上に在庫を増やすことを認めない、新しい受渡し規則案を作成し、まさに今、パブリックコメントを募集中です。
ここで、第2の登場人物、アルコアが登場します。アルミニウムの生産業者である同社は、「生産者の立場」から、新案が需要家にとってプラスには働かないとし、LMEの新案に真っ向ものいいをつけたとか…。
さっきのからくりの話を知った後では、複雑な思いがしてしまいます。

もちろん、あくまで訴訟上の主張で、噂の真偽も定かではありません。どのような企業や人物が登場し、どのような方向に話が詰まっていくかは、今後の展開を注目していきたいところです。
現在、新案は2014年4月に施行の予定。
仮にもし、来年の春に金属の国際価格がぐっと押し下げられる動きがあれば…それは投資銀行の倉庫がブラックボックスであったことを意味するのかもしれません。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 17 : 06 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<減少が続くクッシング在庫 | ホーム | ゴールドマン・サックス・グループの倉庫>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/632-bb6ab6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。