再び増え続ける当座預金

こんにちは、湘南烏帽子岩です。

来月2日の米国はレーバーデーのため、一部のCME銘柄が取引休場、短縮取引となります。

ブログ添付20130823LaborDay

アメリカではレーバーデー後に新学期が始まるらしく、アメリカの学校では夏休みの宿題というものは無いようです。お子さんがいる方にとっては少しうらやましいですね。

さて、今月22日付のウォールストリートジャーナルの記事にて、安全資産の主役が米国債から現金に移りつつあるという記事がありました。
今年は、アメリカにおいて量的緩和策が早ければ年内に縮小を始めるのではないかとの見方から、米国債が2011年以来の値段まで下落したり、NY金が一時2010年以来となる1,200ドルを割り込む水準まで下落するといったように、これまでリスク回避先として資金が流入していた市場から資金の引き上げが起きています。

本邦の国債についても同様に、アベノミクスをきっかけとして価格が乱高下しています。これに対して、当座預金残高はとどまるところを知らず増え続け、6月には過去最高となる85兆6600億円まで達しました。この金額は年初に比べてほぼ2倍の金額となり、黒田金融緩和によって国債が買われた分、行き場の無くなった現金を抱えた金融機関が超過準備額(金融機関が日銀に対して預けなければならない必要準備額を上回る預金)に対して日銀が利息を支払う当座預金へお金を預けようとしていることがうかがえます。
以下のグラフは、日銀が公表しているデータを元に作成した当座預金残高のグラフです。

ブログ添付20130823当座預金残高


果たして、これらの現金は今後どちらに向かうのでしょうか。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 31 : 58 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<著名投資家の凋落 | ホーム | 遂に関税10%!インドの金取引>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/622-ba2ce82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事