朝7時に開く取引所~『「東京標準時間」導入プラン』

お疲れ様です。たぬきです~
先週13日は、急落した日経平均とは逆に、気温が各地で上昇、中部から近畿地方にかけては、真夏日や、今年初めての猛暑日を記録した地点もあったそうです。週末の東京も、土曜の夜はまとまった雨が降りましたが、強い日差しと何より湿度が高く、たぬきのように暑さが苦手な向きには、なかなか厳しい二日間でした。

梅雨半ばの今からこの暑さとなると、今年も電力不足が懸念されます。そうでなくとも、省エネは地球規模での問題であり、しかるべき対策が求められるところ。ふと、先月東京都知事が提案した、『「東京標準時間」導入プラン』を思い出しました。

サマータイムのように夏だけ時計の針を進めるのではなく、基準の時間である標準時を2時間前倒しする。つまり、現在9時に寄り付く株やコモディティ市場が、今の7時にオープンするイメージです。ポイントは、金融市場における東京のマーケット価値を高めること。
提言の通りなら、我々金融業界人は直接的な恩恵を受けることになります。東京の市場価値が高まれば、外国籍の金融会社が東京に支店を設け、現地ブローカーと契約する機会も格段に増えるでしょう。大口の投資家が増え、流動性が高まれば、個人投資家の活動も活発になりそうです。
提唱された"利点"は、マーケットの活性化だけにとどまりません。
暗くなる前に退社するので使用エネルギーの削減効果も期待でき、さらには、家族団らんや趣味、仕事後の一杯の時間が長くとれる。社会福祉にも、健康維持にも、スポーツ振興にも、そして消費経済に与える効果をとっても、どれもいいことづくめである、という内容であったように記憶しています。

しかし、そんなに、うまくいきますかね?

標準時の変更に係る法手続きなどは、その道の方が考えてくれると思います。
一気に2時間の影響が大き過ぎるならば、暫定的に1時間ずつ変化させるなど、準備次第で何とでもなるでしょう。
しかし、民間の会社員が、早く会社に来たところで、早く帰ることができますか?2時間早く来れば、単純に、会社にいる時間が2時間長くなるだけではありませんか?
残念ながら、労働時間をきっちりと管理されているのは、公共団体や、上場企業、組合が機能している会社などに限られます。今でさえ、一日12時間働いている会社員が14時間会社にいても、劇的な労働力の増加は見込めないでしょう。会社の収益にもつながらず、本人は疲労困憊、家族と会話する時間も気力もなく、勤務中も集中力が持たない…なんていう負のスパイラルが今にも見えそうです。いくらブローカーの収益機会が広がっても、ミスが頻発するようでは、マーケットの信頼性にも影響します。

また、我々ブローカーのタイムスケジュールですと、だいたい、朝7時半には皆会社に到着します。2時間早まれば、自宅を出るのは3時か4時台…そう、まだ暗いうえに、冬季は夜明け前の、一日で最も冷え込む時間帯。電気を使わずにはいられません。省エネ効果はどこまで期待できるのか疑問です。

マーケットの活性に効果的という言葉は魅力的ですが、現場レベルで考えると効果は懐疑的にならざるを得ません。むしろ、マーケットを壊しかねない危険性さえ潜んでいるように思います。
机上のルールに沿うのではなく、実情に即した判断を慎重に行っていただきたいと切に願います。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

19 : 37 : 33 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いんでぃぺんでんす・でい! | ホーム | インドが2度目の金輸入税引き上げです>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/614-598d7c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事