日本版ISAの概要

お疲れ様です。たぬきです~
このところ、日本版ISAの話題を耳にするようになりました。
「500万までの投資が非課税に!」と、何ともおいしそうなお話です。
残念ながらコモディティは対象ではありませんが、押さえておきたいと思います。

「日本版ISA」という名前は、イギリスのIndividual Saving Accountという制度を模したことに由来します。「小額投資非課税制度」としても知られ、年間100万円までの投下資金に対する上場株式、投資信託の配当や譲渡益についての課税の免除をうたっています。

ただ、課税を免除といっても青天井に非課税となるわけではなく、投下資金額ベースで年間100万円が上限です。翌年に繰り越すことは出来ず、今年50万しか投資しなかったから来年150万、とはいきません。また、投資したものの売却はいつでも可能ですが、枠の再利用は認められていませんので、100万円分買って売って買って売って…と回転させる分も対象外です。冒頭の文句の「500万円」とは、非課税期間が、専用の口座で最初に取引してから5年間なので、毎年上限一杯使い切ったならば最大500万円まで投下できることからきています。
また、この非課税期間は、最初の投資から5年経つと初年度のmax100万円分が終了します。翌年には、2年目のmax100万円分、次の年は3年目のmax100万円分…と、5年かけて徐々に終わります。
しかし、非課税期間終了後もまだ対象銘柄を保有し続けている場合には、やはり100万円を超えない範囲で、翌年の非課税枠に移管することが出来ます。例えば、100万円投下して購入した投資信託が5年後時価で110万円となっていた場合の10万円分についての配当は、20%課税対象となりますが、100万円分については、もう5年間非課税措置を受けられるのです。
この例でもし目減りして、100万円が80万円となっていたら、繰り越した年に限って、あと20万円分の追加購入も可能です。

以上が、現段階でわかっている範囲でしょうか。
これらから、
・年間100万円の枠を無駄なく使うには、株より、小さくキリ良く購入できる投信等の方が使い勝手が良さそう。
・枠の再利用が出来ないので、1回のキャピタルゲインより、最大10年間のインカムゲインに対する優遇を狙うべきか。
・利益が元金に組み入れられるタイプより、配当してしまうタイプの商品に投資する方が有利か。
・時限措置ではあるが、5年終了後の繰越措置を認めるなど、恒久措置化する可能性も低くない。
といったことが思い浮かびますが、細かい部分で判然としない事柄もありますので、引き続き情報収集が必要そうです。

最後に、この日本版ISAは、証券優遇税制の終了と交代するような格好で始まります。
年間の投下資金額が100万円を超えるケース、トレーダーの方々のように頻繁に売買されるケースでは、従来の10%への税率引き下げより税負担が重くなることがありますので、ご注意いただけたらと思います。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 59 : 06 | etc | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<日米取引所 同時システム障害 | ホーム | サマータイム>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/594-28ee4282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
第35回Podcast:日本版ISA(少額投資非課税制度) 〜TM総合会計事務所 代表豊島絵
今月の新規ゴールド会員受付中↓↓↓ 今回は2014年1月から日本でも導入される日本版ISA(少額投資非課税制度)について豊島先生に伺いました。投資家は皆さん関係してきます。 ... 投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資ブログ【2013/03/11 14:56】
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (45)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事