米国で銀貨の売れ行きが好調です

こんにちは、湘南烏帽子岩です。

東京商品取引所スタートから3日目になりますね。取引所合併に伴い、農産物市場も翌朝4時まで取引時間が延長されましたが、これまで値動きが活発になるNY時間に国内市場が終了するまでの30分間程度しか取引をすることが出来ずに悔しい思いをされた方にとっては今回の取引時間延長はうれしいことではないでしょうか。
また、ご存知の方も少ないかと思いますが、東京穀物商品取引所が公開していたiPhoneアプリ「東穀アプリ」が工業品銘柄を追加してアプリ名も「TOCOM」に変わってリニューアルされています。
今後も互いの長所を活かしていただきたいものです。

さて、米国造幣局は先月29日、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7,100万トロイオンス(約221トン)に達し、2011年1月に記録した単月ベースでの最多販売数量6,400万トロイオンスを上回ったことを発表しました。
このニュースを見た時、以前に、景気が悪くなり貨幣価値が下がった時に活躍するものは金よりも銀だと聞かされたことを思い出しました。その方の話によると、資産価値としては金の方が上にはなりますが、極端に貨幣価値が下がった場合は金の価値が高すぎて買い物に使うには現実的ではないとのことです。

世界の銀需要の推移

上のグラフはSilverInstituteが公表しているデータを元に作成した、世界の銀需要の割合を示したものです。グラフ近年のデジタルカメラの普及によって写真用の銀需要は減少する傾向となっていますが、金と同様にコインやETFなどを通じ、投資用の需要が増えてきていますね。2011年に高値をつけてから一旦は落ち着きを見せていますが、今後の需要動向次第では一波乱ありそうですね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

19 : 24 : 27 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プレジデントデー | ホーム | 商品先物は悪者?!英バークレイズの決定>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/591-830f124c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事