東京穀物商品取引所 解散秒読みへ

お疲れ様です。たぬきです~
昨日から今日にかけてネットのニュースの見出しに、金・株・為替がそろい踏みしました。
金は、東京金先物が最高値を連続で更新、1グラム5,000円を突破したこと、
株は、日経平均の終値が1万1260円と約2年10ヶ月ぶりの高値をつけたこと、
為替は、欧州時間で米ドル円が93円と約2年9が月ぶりの円安水準となったこと。

世間が不景気にあえぐ中、いかにも我々の業界だけがアベノミクス特需に沸いているかのように見えるかもしれませんが、一方、厳しい話もあります。

すでに皆様ご存知の取り、今週末8日15:30までの立会いをもって、東京穀物商品取引所の立会いが終了、上場銘柄は、東京コメのみが関西商品取引所、コメ以外が東京工業品取引所へ移管されます。
取引所の合併ではなく、東京穀物商品取引所(TGE)は、3月までの株主総会で決議され次第、解散となる予定です。解散というと聞こえがよいですが、要は、潰れた、倒産したわけですね。
これは、業界人にとって大変なショックと受け止められる一方、ここ数年間に関しては、むしろ、取引業者側から、早期の解散を望む声も挙がっていました。

なぜ、業界人がTGEの早期解散を望んだのか?
取引所は、自社ビルを持っている場合はテナントの賃貸収入もありますが、主に「定率参加料」という取引の数量に応じて取引員に課金する料金を収入源としています。取引所や銘柄によって異なりますが、例えば、東京金1枚の取引ならば、我々は、お客様からいただいた委託手数料の中からTOCOMへ55円を納めています。(他にも収めるべき機関が何箇所もあるので、実は大変なんです!!)
この仕組みでは、取引枚数が減れば、取引所の受け取り参加料も減ります。支出をペイするだけの参加料を受け取ることが出来なくなれば、1枚あたりの参加料を値上げするほかありませんが、値上げは業者にとっては負担が重くなります。仮にお客様からいただく手数料へ転嫁すれば、今度は商い枚数が減りますので、再び値上げをしなければならない。値上げをしなければ取引所の赤字が増える。
「市場は必要だが取引所は不要」という意見は、そのような考えに至るほど、負のスパイラルの中で取引業者がもがき苦しんだ結果といえるかもしれません。
また、昨年9月末時点での有価証券報告書において、TGEの主要株主はすべて取引所会員、元会員でした。時間と共に資産は食いつぶされ、減っていくばかりなのですから、わずかでも多く残っているうちに分けて終りたいと考えるのはもっともなことでしょう。

惜しまれてなくなるとは言い難い取引所。
TGEの株式の損を抱え、苦しい舵取りを迫られる取引業者。
今の金市場の勢いが、新たな投資家の興味につながりことを切に願うばかりです。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 09 : 05 | Tokyo Grain Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CBGAと金 | ホーム | 脱海外路線を行くNOMURA>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/586-11eeae51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (122)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (69)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (343)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事