渋滞とマーケット

お疲れ様です。たぬきです~
3連休最終日の一昨日は、関東も随分と雪が降ったらしく、お子さんと雪遊びを楽しまれた方、電車の運休で大変な目に遭った方様々あったようですね。
かくいう私は長野方面へ出かけていたところ、帰路の上信越道が一部通行止め。やっとの思いで戻って来たものの、外環は通行止、首都高は進入規制。一般道を使い千葉の自宅に辿り着いたのは、翌朝7:00と、信州は善光寺を出て実に20時間後でした。
最も苦しんだのが、長野市内から佐久ICまでの国道18号線の渋滞で、20時間中、12時間以上を費やしました。信号が3回青に変わっても、パーキングブレーキを引いたままのときもありましたっけ…

さて、このようなどうにもならない渋滞にはまってしまったとき、人は何をするでしょう。

というのも、渋滞のメカニズムは、マーケットのそれと同様に説明できるのだそうです。

"工事渋滞"は、予定されている指標の発表などが該当します。日時がわかっているので、備えることができますが、過剰に備えると、直前はイベントを待って動き難くなることもあります。

"事故渋滞"は、突然要人がもらした発言や、天変地異、10年に一度といわれるような金融ショック。対策を立てることは非常に難しいので、ひたすら、出来る限り巻き込まれないように、影響を最小限にとどめることに神経を注ぐことになるのは、道路でもマーケットでも同じようです。

さらに、何かしらの"原因のある渋滞"。合流や分岐、車線減少などは、可能ならばそれを避けたり、利用することで有利な立場に立つことができます。マーケットでも、上げ下げの理由がわかれば、乗るも向かうも思いのままです。

最後に、"理由のない渋滞"。前の車のブレーキに後続がより大きく反応し、より大きな車間距離を取っていくことなどが該当し、実際の高速道路での渋滞の原因として最も多いそうです。当事者は無意識ですが、実は一人ひとりが、影響の増幅に一役買っています。マーケットも、確たる理由などなくとも、皆が買えば上がるし、売れば下がる。理由を求めるより、流れに乗ることも、投資のうち、というわけです。

顧みて、昨日の私の行動。
すっかり動けなくなってまず、何故混雑しているか、理由を考えました。工事か?事故か?車線減少か?右折待ちか?
次に、携帯のインターネット情報で、工事や事故の情報を検索し、地図で道路の形状を調べ、先に考えた理由を潰していきました。すると、他のルートからの合流により、本線の流れが停滞している可能性が疑われましたので、流入する側の道路にいる方が有利であろうと予測し、側道への迂回を繰り返しました。

結果は先述の通りですので、無駄に距離を走ったのか、動かずにいればさらに時間がかかったのかは、同じ状況で対照実験をしてみない限り、何とも評価しがたいところです。
すっきりしない結論ではありますが、誰にも正解がわからないあたりも、マーケットに通じるものがあるかもしれません。



にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 56 : 25 | etc | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<増え続ける当座預金 | ホーム | 歴史は繰り返す>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2013/04/02 13:59 * [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/576-51a1ccb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事