米国みずほ証券の一件に見る米国当局のスタンス

お疲れ様です。たぬきです~
先週のことになりますが、大発会の日の経済ニュースでは、「みずほ」の名前が踊っていました。
1つは、新「みずほ証券」の発足。みずほフィナンシャルグループ傘下で、リテールのみずほインベスターズ証券と、法人営業に強みのある旧みずほ証券とが、今年4日付で合併したものです。
同グループは、昨年秋には、総額約2500億円にものぼる新システムを発注したことが話題となりました。今年は、上記の証券会社の合併及び直接子会社化に加え、7月には、やはりみずほ銀行と対法人のみずほコーポレート銀行との合併が予定されているなど、経営の刷新、効率化がなされる見込みで、市場の期待も高いようです。
一方で、グループの海外法人については、厳しいトピックで報じられました。

対象は、みずほフィナンシャルグループ傘下のMizuho Securities,USA(以下米国みずほ証券)。顧客の外国為替取引に関する担保資産の当局への報告の不備を問われ、罰金約1500万円が課せられたものです。
罰金の支払いを命じたCFTC(Commodity Futures Trading Commission)は、商品先物取引委員会と訳され、アメリカの先物取引を監督しています。大口投機家は、ポジション状況の同委員会への報告が義務付けられており、それを委員会がまとめ、公表する「CFTC建玉報告」は、幅広い投資家から注目を集める指標の一つです。
さて、本題に戻り、CFTCのレポートを紐解いていきましょう。
事の起こりは2011年10月7日に遡ります。この日、米国みずほ証券は、定められた口座内に536,875,879ドルを確保しておく必要がありました。これは、万が一顧客資産の預り手である会社がデフォルトした場合に備え、顧客の資金をブローカーの資産とは分離保管するというルールに基づくものです。しかしながら、口座残高は12,404,759ドル不足していました。さらに、週が明けた10日にも、41,019,145ドルが無担保の状態でした。
ただ、同社の名誉のために申し添えますと、顧客資金を遣い込んだわけでもなく、資金繰りが行き詰ったわけでもありません。現に、他の取引所の取引のための分離保管口座には潤沢な資金があり、口座間の資金移動に手違いがあったものと推測されます。

ところで、CFTCのスタンスをもう一度確認してみましょう。罪状は、実は、「不足状態」となったこと自体ではありません。このようなケースでは、電話で"immediately"に連絡し、FAXでもって報告、確認することがCFTCのルールで定められてますが、同社の報告が12日にまでずれ込みました。しかも、11日には状況を把握してたにも関わらず、です。CFTCはこの点を問題視し、失態の原因を、社員教育の不徹底に求めました。

もちろん、報告漏れ、遅れはあってはならないことですが、なかなかに厳しい決定に、年始早々から、同業として身の引き締まる心地がいたしました。
MFグローバルや、PFGベストの事件を受けて、米国当局が非常に神経質になっていること、今年もより顧客保護に力を注ぐ心づもりであることを象徴しているのかもしれませんね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 40 : 05 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<来月から確定申告の受付が始まります | ホーム | 辰巳天井>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/569-dba06841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事