GPIF(Goverment Pension Investment Fund)

GPIFというファンドは皆さんご存知でしょうか。
皆さんとも関係のあるファンドで日本最大の運用資産規模、世界でも最大級の運用資産規模で2011年度末では運用資産が113兆円となっています。


GPIFの日本語名は年金積立金管理運用独立行政法人です。
つまり、日本の全国民の年金運用を行なっているファンドです。

23年度では運用成績が
収益率2.32%
収益額2.6兆円
となり、
ポートフォリオでは、
・国内債券 63.30%(内市場運用51.47%)
    パッシブ  42.01%
    アクティブ 9.47%
・国内株式 12.50%
    パッシブ  9.53%
    アクティブ 2.97%
・外国債券 8.74%
    パッシブ  6.19%
    アクティブ 2.55%
・外国株式 11.46%
    パッシブ  9.86%
    アクティブ 1.60%
・短期債券 4.00%
と国内債券の比率が大きくなっているため、国内運用が75%超、債券運用が72%超となります。
年金運用に対し、安定した運用を行なっているイメージがありますが、アクティブ運用が全体の16.59%も占めており、金額に直すと約18.74兆円がアクティブ運用をされていることになります。

さて、これだけ巨大なファンドですが、運用者の募集をしているようです。
募集条件は
・外国株式のアクティブ型
・投資運用業者
・会社の年金運用残高が1000億円以上
・5年以上の運用実績
・ファンドの運用残高が300億円以上
等となっており、条件としては大型のファンドに絞られており、厳しいものとなっています。
しかしながら、運用資産が113兆円ものファンドで仮に0.1%でも受注できればその運用資産額は1000億円を超えるものとなり、大きなステップアップへとつながります。

いつかはこんなモンスターファンドを運用してみたいものですね。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 43 : 53 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アルゴリズム・クラッシュ 再び | ホーム | GPGPU>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/541-1c5f074f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (46)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事