スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

金取引のハブとなるかシンガポール

こんにちは、たぬきです。
前回、シンガポールの取引所を基盤とする拡大戦略についてお話しましたが、こと、金(gold)の取引においては、それが顕著なようです。

今年に入って、シンガポールの国際企業庁(IE Singapore:International Enterprise Singapore)は、シンガポールをロンドン、チューリヒ並みの金取引の中心地に押し上げる方針を明らかにしました。
その、具体的方法として示されたのが、金を含む貴金属取引への7%の付加価値税(日本で言う消費税に相当)の免税です。

免税とされるのは、個人、法人を問いません。金の売買や、保管に係る商取引も対象となります。
よって、金の現物売買が盛んになるだけでなく、精錬業者や貴金属保管を行う金融機関などのシンガポールへの進出が期待できるという算段です。
世界の金取引市場におけるシンガポールのシェアは、現在、重量ベースで約2%ですが、この先5~10年間で10~15%のシェア確保を目指すと、頼もしい限り。  

現物の取引が増大するなら、取引所だって無関係のはずはありません。
東京工業品取引所(TOCOM)が「相互互恵的な協力とパートナーシップの開拓、および市場の拡大に関する覚書」(MOU:Memorandum of Understanding)を締結しているシンガポールマーカンタイル取引所(SMX)では、金関連の銘柄を拡充しています。
SMXは、2010年8月にインドのフィナンシャル・テクノロジー社によって設立されました。歴史も浅く、売買高はまだ大きくはありませんが、世界で初めて「ブラックペッパー」を上場するなど、大変ユニークでもあります。プロダクトリスト上で、通常のGoldの隣に並ぶ「E-Gold」のEは、電子取引に特化したEでも、ミニ取引のコードでもありません。なんと、インドの金価格に基づくものなのです。

シンガポール政府の目論見通りにことが進むかは、付加価値税撤廃が施行される10月を待たねばなりません。香港という強力なライバルも存在します。
しかし、いずれにせよ、主要産地である中国やオーストラリア、巨大消費地インドにほど近いアジアに金取引のハブが存在することは、理に適っているといえ、否が応にも期待が高まります。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 19 : 10 | Foreign Exchange | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<新たな上場商品 | ホーム | ヘッジニーズ(エネルギー3)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/515-c397690a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【金取引のハブとなるかシンガポール】
こんにちは、たぬきです。前回、シンガポールの取引所を基盤とする拡大戦略についてお話しましたが、こと、金(gold)の取引においては、それが顕著なようです。今年に入って、シン まとめwoネタ速neo【2012/06/22 01:24】
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。