VaR(Value at Risk)

先日のJPモルガン・チェースの巨額損失発生問題で原因となったと言われているのが、最大損失額の測定モデルの欠陥ですが、この最大損失額の測定結果である指標をVaR(Value at Risk)と言います。

VaRとは、現在保有している資産を将来のある一定期間保有するとした場合に、過去の一定期間(信頼区間)で、マーケットのボラティリティにより、どの程度の損失を被る可能性があるかを計測したものです。
VaRを利用する利点としては、多種多様な金融商品で構成されているポートフォリオでも、一定の確率における予想最大損失額としてリスクマネジメントが可能となることですが、過去データを用いるため、継続的にデータ取得の出来ない商品や、リーマン・ショック、欧州債務危機などのブラック・スワンに該当する特殊ケースは想定されていません。

VaRは、1990年代から金融機関で利用され始め、1993年に発表された第2次BIS規制案において金融機関の市場リスク管理手法として採用されたのをきっかけに日本でも急速に普及し、その後大手企業の財務部門においても時価会計で利用されています。

今回のケースでは、このVaR算出時に恐らく様々なモデルを使用し、計算されていたことが予想されます。そのモデルの一部に銘柄間の相関関係が想定されていたが、想定していた相関性が起きず、ヘッジ効果が生まれなかった、若しくは、クジラと称されているよう巨大なポジションに対する流動性が加味されておらず、マーケットインパクトの算出が足りていなかったという欠陥により、起きた可能性があります。

ただ、このVaRという考え方は個人の投資家にとっても非常に有用です。
まず、継続的にデータ取得の出来ない商品とはつまり、流動性が少ない若しくは特殊な商品であることが予想されますので、通常の個人投資家が対象としにくいものです。
また、ブラック・スワンのような特殊なケースのいわゆるロングテールリスクでは、前提がロングテールリスクを対象とする算出モデルではありませんので、VaRとは異なるリスクモデルを使用することで対応することが出来ます。
つまり、ショートヘッドをカバーすることを目的としたリスクマネジメントであれば、このVaRは十分な効果を得ることが出来ます。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

19 : 09 : 40 | Derivatives | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<facebook上場騒動 | ホーム | トレーダーの独立には合同会社?>>
コメント
Re: ご挨拶
ワイズマン 様

コメントと応援を頂きましてありがとうございます。
これからも金融業界の話題を中心に更新をしていきますので、引き続きご愛読頂けますようお願いします。
by: M.J. * 2012/05/23 08:39 * URL [ 編集] | page top↑
ご挨拶
はじめまして、

ブログの記事勉強になります。
ロイターの記事で書かれていた背景が少し見えました。
ありがとうございます。

今後も更新頑張ってください!
by: ワイズマン * 2012/05/22 10:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/473-df8c78de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【VaR(Value at Risk)】
先日のJPモルガン・チェースの巨額損失発生問題で原因となったと言われているのが、最大損失額の測定モデルの欠陥ですが、この最大損失額の測定結果である指標をVaR(Value at Risk)と言います。VaRとは、現在保有している資産を将来のある一定期間保有するとした場合に?... まとめwoネタ速neo【2012/05/21 21:35】
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事