日本のオプション市場


日本の取引所ではオプションが無い若しくはあっても出来高がないため、取引が行えない状況が殆どですが、大阪証券取引所の日経225オプションだけは、多くの出来高があり、取引可能な唯一といってもいい銘柄となっています。

商品市場でもオプションがあり、また証券市場でも多数のオプション銘柄がありますが、日本ではなぜかオプションが市場として成立しにくい状況です。

なぜオプションが日本で普及しないのかという議論はまた別の機会として、取引が可能な日経225オプションについては、大阪証券取引所より毎月レポートが出されています。

取引としては、3月で出来高が月間で約420万枚(Put約210万枚、Call約203万枚)、月末残玉が約292万枚(Put約140万枚、Call約152万枚)となりました。
さらに投資部門別で見てみますと上位3部門は
個人:10.9%(Put 11.0%、Call 10.9%)
自己:16.3%(Put 17.0%、Call 15.4%)
海外投資家計:68.9%(Put 67.9%、Call 70.1%)
となっており、圧倒的なシェアを海外投資家が占めています。

海外投資家といえば、米国若しくは欧州の投資家が思い浮かべられますが、米国居住の投資家の場合、OSEのオプションを行うためには、米国証券取引委員会(SEC)より適格ブローカー・ディーラー(Eligible Broker-Dealer)若しくは適格機関投資家(Eligible Institution)に限ると定められています。

つまり、米国からの海外投資家というのは、プロの投資家として認定されている投資家のみとなります。また、オプション取引についてはリスク管理が非常に複雑となる場合があるため、他の海外投資家も米国と同等の水準が求められる場合が多いため、海外投資家の大部分はプロ投資家(ヘッジファンドやプロップ等)ということが予想できます。

プロ投資家が大部分を占める市場ではプロ投資家とは違う分野(時間的、金額的、戦術的、リスクマネジメント)で個人投資家が優位性を得られる戦略を考えなければ厳しい市場となりそうですね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 38 : 11 | Derivatives | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CB(curcuit breaker)制度の功罪 | ホーム | シカゴコーン・大豆、取引時間拡大!!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/455-b7bf7860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (122)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (69)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (343)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事