スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

タイタニック号の悲劇とバブルの崩壊

こんにちは、たぬきです~

今年4月10日は、タイタニック号がサウサンプトン港を出港してから100年目に当たります。
航海中の深夜に氷山に接触、翌未明にかけ沈没し1500人を超える犠牲者を出した事故は、出港からわずか4日後の1912年4月14日のことです。

過去に何度も映画化されたこともあって、この事故は世間的にも知られるところとなっています。残念ながら私は観たことがありませんのでどのように描かれているかはわかりませんが、事故当時から多くの人の関心を集めた出来事には違いないようです。
沈没の原因からして、保険金目当ての意図的なもの、豪華な外観に隠れた粗悪な船材、大西洋最速横断記録(ブルーリボン賞)を狙った無理な航行など、様々な説が語られています。

新説は、最近になっても発表されています。
事故は、直接的には流氷に接触したことによる起きたものですが、現場は、通常その時期には、流氷は来ない場所なのだとか。あるはずのない流氷が存在したのは、たまたま、「千四百年に一度」という、月と地球が大接近した時期であったがためで、その海域に詳しい者ほど、まさか流氷があるとは思いもよらず、他船からの忠告に気がつかなかった、とするものです。

今なお、人々を惹きつけるタイタニック号。船舶の事故対策以上に、我々に訴えかけるものがあるように思います。

犠牲者の数が大きくなった一因としては、救命ボートの数の不足が知られています。乗客2,200人以上に対し、1178人分と約半分。これは、当時、大型船が短時間では沈まないと信じられていたため(タイタニック号は完全に沈むまで2、3時間だった。)、ボートは救助船が到着するまでのつなぎ程度の位置づけであったことにも起因するようです。

また、幾層にも施された防水隔壁が、部分的な浸水こそあっても被害を限定的なものとするため「不沈船」である、と信じられていましたが、思惑通りには機能しませんでした。
タイタニック号が出港した当時は、自動車、飛行機といった機械文明が興った頃と重なります。産業界の華やかな発展の影で、技術に対する過信がなかったとは言い切れないでしょう。

こうだと思い込んでいた、こうなるはずだった、対策はなされていたはずだった…

金融の世界でも、100年に一度の規模、などと冠される事件は少なからず起きていまし、どこの国でも、市場でも、バブルは生まれ、いつか必ずはじけています。
良い状態がずっと続くと思っていた、知らず知らず過度なポジションをとっていた、リスク分散が疎かになっていた…危機に瀕して、ようやく気がつくのです。

誤った認識、過信、油断…これらはジャンルを問わず起きてしまう人間の性とも言え、排除することは、とても難しいことだと思います。しかし、過去に学ばねば、必ず同じ事は繰り返されるでしょう。。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

14 : 31 : 31 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<取引所の競争も激化 | ホーム | クジラの行方は>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/432-287e17f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。