スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ストラテジーの前提が崩れるとき

こんにちは、たぬきです~

今日は関西コメの4月限の納会日でした。すなわち、明日は、10月限の新甫発会です。
「先物」と名の付く取引をなさっていないトレーダーの方には馴染みのない習慣かもしれませんが、先物取引には、銘柄ごとに定められた"期限"があります。CXではこれを「納会日」(現金決済型の場合は「最終取引日」)と呼んでおり、期限まではいくら売り買いを繰り返そうと問題ありませんが、ポジションを持ったまま期限を迎えると、原油やトウモロコシといった品物を用意する、あるいは買い取る義務が発生します。品物の受渡しにより全てのポジションが解消され、その限月の取引は終了します。代わりに、新しい限月の取引が始まり、これを「新甫発会」といいます。

前置きが長くなりましたが、新甫発会する10月限について、少々気になることがあります。先日TGEより発表された「米穀現物先物取引価格調整表」の改訂です。

またCXのしくみの話になってしまいますが、「価格調整表」とは、受渡しするものをランク付けするものです。例えば、関西コメは、北陸産コシヒカリの値段、という設定で取引が行われています。これを標準品といいます。しかし、北陸産コシヒカリ以外のコメは一切受渡しできないのも不便ですし、産地銘柄ごとに上場するのも現実的ではありません。そこで、取引所で決めた値段を元に、価格調整表に定める額をお金で調整して他県産も受渡しできるようにしているのです。

ようやく本題です。この調整表の改訂がどのような影響を与えるか?という話ですが、改訂内容を見ると、全体的に調整額がマイナス方向に大きくなっています。その傾向は特に福島県産が顕著で、中通り、浜通りは、従来の-1,000円/60kgから、-2,000円/60kgへと拡大しています。
実は、今取引所で受渡しが最も頻繁に行われているのは、福島県産米です。中通りは、割安感から、早受け希望で指名が出るほどの人気です。改訂後の調整価格は更に安い-2,000円/60kgとなっており、人気が更に高まれば価格上昇に拍車がかかるかもしれません。
また、見方を変えれば、関西コメは標準品こそ北陸産ですが、受渡しの量を考えれば、福島産がスタンダードであると言えます。つまり、関西コメの価格が、福島中通り産+1,000円という計算のもと形成されていたものだとしたら…。福島中通り産の価格が変わらない場合、福島中通り産+2,000円となるわけですから、値位置が大きく変わることになります。
つまり、10月限から先と前とでは、保管料等では説明の付かない鞘ができる可能性があります。上記の予想のように、調整額に由来するものだとしたら、それは、鞘は鞘でも、収束しない鞘である可能性があります。

受渡しを行わない方が調整表までチェックされることは、そうそうないものかも知れません。予め開発したシグナルやストラテジーに従って取引きするというトレーダーの方も然り。
しかし、いくらファンダメンタルは無視と言っても、このようなケースは、シグナルやストラテジーの前提を崩しかねないものです。市場によって異なるルールは厄介かもしれませんが、きちんと把握に努めていただきたいものです。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 47 : 10 | etc | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<HFT、PTSの有用性 | ホーム | 自己勘定取引規制議論の活発化>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/426-2c02f1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【ストラテジーの前提が崩れるとき】
こんにちは、たぬきです~今日は関西コメの4月限の納会日でした。すなわち、明日は、10月限の新甫発会でいトレーダーの方には馴染みのない習慣かもしれませんが、先物取引には、銘柄ごとに定められた まとめwoネタ速suru【2012/04/10 17:02】
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。