一年前、立会は続けるべきであったのか?

こんにちは、たぬきです~

昨年の3月11日は金曜日でした。
週末に当たる今日は、1年前のことが思い起こされます。

大引けも近い14時46分18秒。週末の取引が穏やかに終わろうとしていたその時、突然、揺れを感じました。次第に大きくなる振動に、パソコンはデスクから落ち、ロッカーは今にも倒れそう。ただ、これだけは、と抱えたリスク管理端末の画面上では、約定や取消データが、普段通りに送受信されていたのが印象的でした。

我々の社屋は大きな被害はありませんでしたが、近隣のビルが倒壊の危険ありとされたため、建物からの退避を指示されました。しかし、相場は動いている。部署ごとの点呼による安否確認が終わった後、再び持ち場に戻ったのは言うまでもありません。
日中取引は、何事もなかったかのよう15:30に終了。いつも通りにバッチ処理が行われ、いつも通りに、17:00より夜間取引が開始されました。

結果的には、この時間帯の取引は、その後の荒れように比べれば、値段の動きも、出来高も、まあそこそこといったところでした。
東工取の江崎格社長は「国際商品を上場する取引所として、市場機能を提供するのが使命」とし、通常通りの立会を決行したことに胸を張ったようです。
しかし、本当に市場を開く必要はあったのでしょうか?ブローカー側の人間の問題は置いておくとして…

必要であった、という根拠としては、価格の連続性を保つ、ということが挙げられます。
外国の同様の商品市場が開かれる以上、日本の市場も同様にせねば、鞘が開く可能性があります。鞘が開いた状態で取引を再開すれば、日本の市場は海外の価格を反映し、一気に値段が跳ぶことになります。

また、市場からの離脱を望む参加者にとっては、市場が開かない限り、決済することも出来ません。これもまた問題になります。

一方で、取引をしたくとも出来なかった方も存在します。
オンラインでの取引環境はおろか、生活の場さえも破壊され、電話も繋がらない。そんな状況で、ただただ損が増えていった方も少なくなかったのではないでしょうか?
もちろん、自然災害も、取引に当たって予め念頭に入れねばならぬリスクで、契約書面でもうたってはおりますが。

本当は、どうすべきだったのか?
ブローカーとしては、取引が行われる以上、トレーダーの皆様の注文を市場へ届けるのことが、全うすべき任務で、取引中止の是非を決めることはできません。だからせめて、震災の記憶を踏まえてトレードに当たっていただくことをお願いすると共に、有事に取引離脱を望むトレーダーの方を何とかサポートすることはできないのか?考えていきたいと思います。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 00 : 50 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<恐怖指数(ボラティリティインデックス) | ホーム | 最重要事項はイノベーションを起こす?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/388-df78fecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事