東電電気料金値上げ

こんにちは、たぬきです~

ニュースでもたびたび話題にはなっていましたが、東京電力の家庭向け電気料金の値上げ計画が明らかになりました。
「総合特別事業計画」の認定が得られ次第申請すると見られるその内容は、"10%の値上げ"。早ければ7月にも値上げがなされることになります。
ただし、家庭用料金は国の認可が必要です。経産相は一貫して値上げに慎重な姿勢をとっており、実際の値上げ幅は圧縮される可能性もあります。しかし、賠償問題を全うする前に東電を潰す訳にもいかず、何らかの形での値上げ容認されると見られます。
自由化されている企業向けは、すでに4月からの値上げを"お願いさせていただく"旨、東電より発表されています。値上げ幅は平均で17%に上る見通しです。

10%の値上げは、平均的な家庭では、月600円程度となる試算だそうです。
平均的の定義がわかりませんので、東電の電気料金体系である「三段階料金体系制度とは」を参照したいと思います。
東電の料金体系は、契約アンペア数によって決まる基本料金+1~3段階の料金が適用される従量課金部分、それから燃料費調整、太陽光発電促進付加金によって決まります。
東電の言葉を借りれば、「第1段階(120kWhまで)は、ナショナル・ミニマム(国が保障すべき最低生活水準)の考え方を導入した比較的低い料金、第2段階(120kWhをこえ~300kWhまで)は標準的なご家庭の1か月のご使用量をふまえた平均的な料金、第3段階(300kWh超過)はやや割高な料金」。つまり300kWhまでくらいの利用であれば600円程度ということですが、それ以上の利用については、使用量に対する負担の幅は、より大きくなっていきます。

東電の供給地域内で自宅でトレードをされる独立系トレーダーの方にとっては、頭の痛い話かもしれません。
立会時間はほぼ24時間ですから、その間パソコンを動かすには、絶えず電気を消費することになります。また、自宅で過ごす時間が長くなるため、必然的に空調や照明を利用する時間も長くなります。出勤して家を空けるサラリーマンに比べ、電気料金の影響を大きく受けやすいと言えます。

東電以外の電力供給会社と契約することで電気代の節約に成功した例は東京の立川市などで報告されていますが、電力自由化は、残念ながら、まだ一般家庭向けは対象になっていません。
個人では、夜間の電気料金割引サービスを利用する等が精一杯のようです。これは、昼間の電気代を高く設定する代わりに、夜間使用分を大幅にディスカウントする制度です。夜間の時間を23時から翌朝7時の8時間とするプランと、22時から翌朝8時の10時間とするプランがあります。対象時間中のトレードは問題なく安い料金が適用されますし、同時に蓄電しておき、昼間はその電気を利用します。電気を蓄えるには、夜間蓄熱式機器のほか、少しずつ市場へ出てきた電気自動車も利用できるはずです。

今すぐ使える手軽な対策、と言えるものは見つかりませんでした。余計な負担を抑えるには、画面の明るさ(輝度)を落とすなど地道な節電を続け、できるだけ300kWhを超えないよう努力するほかないようです。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

19 : 42 : 47 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<レイテンシーアービトラージ(Latency Arbitrage) | ホーム | データセンターはどこにある?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/380-88ca1c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (122)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (69)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (343)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事