データセンターはどこにある?

Tradingを行うためには、現在は電子取引が殆どであるため、各種機器が必要となります。取引所でも同様にサーバ等の機器が必要でその運用をデータセンタで行なっています。

その為、データセンターで障害があった場合、取引ができなくなるというリスクがありますが、データセンターは以前お伝えした通り、非常に強固な造りとなっており、耐震性や立地条件から非常時の電力供給方法まで考慮された物となっており、重要な機関であればあるほどそのデータセンターの堅牢性が高いところを利用しています。

そのデータセンターですが、貸出用(コロケーション)つまり企業が専有で利用しているものでないものについては、関東地方に大規模なデータセンターが集中しており、特に23区内に多くあることが市場調査により分かったそうです。

ただ、昨年の東日本大震災を契機に首都圏以外にデータセンターを利用する流れがあるものの依然関東地方でのシェアは非常に高くあり、今後、地方のデータセンター利用が注目を集めていますが、取引のことを考えますと、取引所のデータセンターは日本の場合、ほぼ関東地方にあるため、地方を利用し、地理的に離れればそれだけLatencyが高くなり、取引コストの増加にもつながります。

その為、取引の要となるデータセンター選択もTradingのリスクマネジメントの一つになります。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

22 : 03 : 33 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東電電気料金値上げ | ホーム | 低下著しい日本の学力レベル>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/379-4b140a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事