最近のタックスヘイブン利用

こんにちは、たぬきです~
投資顧問会社「AIJ投資顧問」が顧客企業などから預かった年金資産の大半約2000億円を消失させた問題は、社会に大きな波紋を呼んでいるようです。
これだけの大金ですから、当然、なぜ今まで誰にも気がつかれなかったのか?という疑問が湧きますが、同社が資産を英領ケイマン諸島のファンドなどを経て、香港の欧州系大手銀行に移すなど、年金基金や年金資産を管理する国内信託銀行のチェックが働きにくい仕組みを、意図的につくった可能性が指摘されています。

また、過日粉飾決算事件を起こしたオリンパスも、資産をケイマン諸島を経由させることで損失隠しを行っていたとされていました。

トレーダーの方は、ケイマン諸島から、租税回避地と訳されるタックスヘイブン、オフショアといった言葉を連想されると思います。このような地域に資金や住民登録を移すことは、昔から富裕層向けの節税対策として知られていますが、今も有効なのでしょうか?

結論から言いますと、かなり難しくなっていると言えます。
税務署側もかなり神経質になっており、書類上で住民登録が移してあっても、実態調査から判断されるそうです。冒頭のような事件が相次いだこともあり、規制は一層厳しい方向には強化されることでしょう。世界的な大ヒットとなった物語の翻訳者が摘発されたのも、このパターンです。スイスで永住権を取得していたものの日本での滞在が長かったこと、主要な利益が、本人が役員となっている日本の会社からスイスの個人口座へと送金されていたことがポイントだったようです。

ケイマン諸島自信も変わってきています。
2005年には税務情報局を創設し、すでに日本を含む27以上の国または地域と租税協定を結びました。2009年6月には証券監督者国際機構にも加盟。外国からの金融取引情報の開示要請に応えるようになりました。このような努力をうけ、経済協力開発機構(OECD)も、税務上の透明性に問題がある国・地域の「灰色リスト」からケイマン諸島を外すに到っています。このような動きに他の国や地域も続くのではないでしょうか?

オンラインで取引を行うトレーダーの方には、パーペチュアル・トラベラー(Perpetual Traveler)という選択肢もあるかもしれません。PTと略されるこれは、「永遠の旅行者」を意味し、各国で非居住者とみなされる滞在期間の間だけを過ごし、また次の国へ…というライフサイクルを送る方法です。 口座開設が許可されるかはわかりませんが…。。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

13 : 36 : 44 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タックス・ヘイブン | ホーム | Latency計測>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/370-5d1a8276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (45)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事