ヘッジファンドの運用成績に陰り

デリバティブ市場でもスタープレーヤーであるヘッジファンドでも昨年は「常軌を逸した年」、「2011年が終わって喜んでいるだろう」と言われるようなに運用に苦戦した年であり、絶対的リターンの追求がヘッジファンドですが、昨年はこの通りではなかったようです。

それを示すかのように、ヘッジファンド運用成績の指標となるNewedge Commodity trading index(CTI)は昨年から約-4.3%となり、EurekaHedge Hdqも約-4.2%となっており、リーマン・ショック後最悪の結果となっています。

さらに、株式市場全体としても世界株式の指標であるMSCIオールカントリー世界指数も年間で-1.7%となり、投資家からの資金流出も1350億ドルと08年に次いで多く、ファンドとしては世界的に運用が困難であった年とも言えそうです。

また、サブプライムローン以後一躍脚光を浴びた投資家であるジョン・ポールソン氏が運用するファンドも一部報道では過去最悪の運用成績であったとされており、昨年の運用の難しさが伺えます。

今年に入り世界的に堅調な株式市場、商品市場を受けて、成績は上がっているものの、株式ファンドでは解約が続いており、依然米国内では、投資家マインドが冷え込んでいるようですが、これから再び市場に戻ってくることを期待しています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 01 : 48 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<語学力は優秀トレーダーの必須要素? | ホーム | トレーダーとしての成功の鍵は遺伝子?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/349-dd8d2ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事