スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

新たな格付け機関創設の動き

こんにちは、たぬきです~

欧州情勢は、このところひと休み、といった感じで、ユーロ円も何とか100円台を回復しています。
しかし、つい先週、11年ぶりとなる97円割れ直前まで叩き落とされたのは、まだ記憶に新しいところです。

そのきっかけとなったと言われるのが、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による、欧州圏9カ国の一斉格下げでした。イタリアやスペインが2段階、オーストリアやフランスが1段階引き下げられ、特にフランスが遂に最高格付けを失ったことは、市場には大きすぎるショックだったようです。

格付け会社の評価見直しにより相場が大きく動くことは、今に始まったことではありませんが、既存の格付け会社に対する批判はここ数ヶ月、劇的に高まっています。

そんな声が、形になろうとしています。
欧州のコンサルティング会社(ローランド・ベルガー・ストラテジー・コンサルタンツ)の創始者であるローランド・ベルガー氏が、今年前半にも、新たな格付け機関を発足させる予定であると伝えられました。拠点はオランダの予定で、財団法人の形式をとります。欧州の投資家から3億ユーロの資本を調達し、S&P、ムーディーズ、フィッチの既存3大格付け会社に対抗しようと言うのです。

現在の格付け会社に対し指摘されることとして、利益相反の問題があります。
発行体からお金や何らかの見返りを得るケース、例えば、特定の格付けを得るための講習を行い、アドバイス料を受け取る行為は、発行体に対する評価を甘くゆがめる疑いがあります。ムーディーズのように上場していれば、さらに様々な利害関係に晒されるでしょう。

実際、19日には、イタリアの財務警察が、S&Pが昨年5-7月に発表した報告書について、情報を違法に使用し、市場を操作したとの疑いがあるとし、ミラノ事務所を立ち入り捜査したという報道もあります。

今新たに創設しようと言うのですから、ベルガー氏の提案するモデルでは、このような格付け会社のグレーな部分の刷新が期待されます。
ただし、格付け機関だけが変わればよいという問題ではありません。
我々も、格付けへの過度な依存が格付け会社の専横を許すことにつながった過去を反省し、自分の目で適格に投資対象を捉える努力を心がけていかねばなりません。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 29 : 00 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Efficient market Hypothesis(効率的市場仮説) | ホーム | 一般化する高速取引>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/325-5dd3fc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。