カレンシーオーバーレイ

現在は様々な金融商品が開発されており、海外への投資も容易になっており、様々な国、商品に投資をすることが出来るようになってきました。特にIT技術の進歩は飛躍的でまさに世界が身近になったということでしょうか。
しかし、選択肢が増えたということは、その分リスクも増えたということになります。

海外投資の場合、必ずといっていいほどついてまわるものが為替リスクです。
国内投資であれば、このリスクはありませんが、海外投資では必ず両替が発生し、その際に為替リスクが発生します。
リスクヘッジ方法としての主流は、為替のフォワードを売り、逆方向へのリスクヘッジをすることであり、取引コストと金利差を考慮すれば、ほぼ理論通りのリスク軽減となります。この方法で、全ての為替リスクを取り除く方法をフルヘッジといいます。
しかし、債券では金利差の裁定が起こり、金利収益が自国建てと変わらなくなることや外貨価値の上昇を得ることができなくなるというデメリットがあります。

しかし、為替リスクがあるということは、リターンがある、つまり、変動による収益機会があるということになります。

そこで、米国の機関投資家では為替ヘッジ専門のカレンシーオーバーレイ(存在する外貨資産に対し、覆いかぶせるようにヘッジする)マネージャーを採用する傾向があります。なぜならば、外貨建て資産(商品、債券、株式等)の運用者が為替ヘッジの専門家とは限らないからです。

カレンシーオーバーレイマネージャーは、大きく分けて二種類のタイプがいます。
一つはアクティブと呼ばれるリスク許容範囲の枠組みで積極的にリスクをとり、将来を予想することで高い収益を狙う利益追求型の運用能力に優れたマネージャーです。
もう一つはパッシブと呼ばれる為替レートの変動における資産価値の減少を抑えるリスク管理型に優れたマネージャーです。

カレンシーオーバーレイマネージャーを採用するには潤沢な運用資産が必要となるため、小規模の運用資産で行うとコスト割れするため、現実的ではありませんが、海外投資を行う場合では、同様にリスクとリターンがありますので、ヘッジを目指すのか、それとも変動によるリターンを目指すのかの選択をしなければいけませんね。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 06 : 42 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボルカー・ルールとグラス・スティーガル法 | ホーム | TOCOM システムは継続使用へ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/312-a3d7ad4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事