スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

資金はいずこへ?苦戦続く通貨選択型ファンド

こんにちは。たぬきです~

投資信託協会から発表された投信概況によると、11月の株式投資信託の資金増減は2737億
円の純減となりました。つまり、販売された額より、償還や解約が多かった、ということ
です。
資金の流出過多は2ヶ月連続。また、減少幅の大きさはリーマン・ショック後の2008年10月
以来とのこと。原因については、「通貨選択型ファンドをはじめとする多くのファンドで
パフォーマンスが低迷したことで、投資家の様子見ムードが強まり、ファンドの購入が
手控えられているようだ」という見解が示されていました。

この"通貨選択型"投信は、すでに問題が指摘されています。
例えば、ブラジルレアル建型は、今年4月から9月にかけ、1レアル約54円から約42円まで
下げた影響で、多くの個人が損失を被ったといいます。ブラジル自体が投資対象として悪い
わけではありませんし、レアルを買うことも否定しませんが、複雑化した投信のしくみが、
投資家に理解されていたかが問われています。

そもそも、このようなタイプの投信が設定された背景には、"分配"があったといいます。
売買差益だけでなく、月々分配金が支払われるタイプの投信は、(たぬきには理解しがたい
ことですが)なぜか人気です。むしろ、分配がなければ売れない。
そこで、将来はともかく、月々の分配金の原資確保として手っ取り早い方法として選ばれた
のが、高金利通貨の金利であったわけです。
エマージェンシー債などのハイ・イールド債、高金利通貨、そこへなぜか原油。おそらくは収益
重視で選ばれた組み合わせなのでしょうが、高金利の国は今や新興国か資源国がほとんど
ですから、分散投資の道から外れています。よって損失の額も膨らんだのでしょう。

遅まきながら、金融庁、証券業協会、投資信託協会が動き、これら通貨選択型投信の販売
規制は強化されることになるようです。

さて、その影響は?
当然、販売額は落ち込むことが予想されます。その代替として資金がどこへ向かうのか?

シンプルに金利が欲しいのでしたら、個人でFXを始めればよさそうなものですが(スワップ
ポイントの出金は、決済後にしかできないケースが多いですが)、分配金にこだわって
しまったり、高いコストを厭わない当り、自分の手で動かす投資には抵抗があるのでしょうか?

日本人の投資の裾野が狭まってしまわないことを願うばかりです。
これも円高の二次災害でしょうか?


にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 24 : 50 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Market Window | ホーム | トレーダー愛用のMD Trader>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/277-9134e76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。