投資家目線から見るCOP17

お疲れ様です。たぬきです~

COP17(気候変動枠組条約締約国会議第17回)が南アフリカのダーバンで開幕しました。

今回は、特に2012年を目前とした最後の会議として注目されています。
2012年というのは、1997年のCOP3にて批准された京都議定書の目標期間の最後です。
地球温暖化対策を持続的に進めていくには、次の手が必要です。

しかし、世界約200ヶ国が参加していますが、先進国と新興国との温室効果ガスの排出削減
を巡る議論は依然として平行線をたどっています。

京都議定書で、発展途上国として削減目標義務を課せられなかった中国、インドは、今回も、
化石燃料を使用する権利は認められるべきとして対象外となることを主張しています。
中国の温室効果ガス排出量は、世界第1位で、今や世界の4分の1弱を占めます。インドも世界
第4位と、日本を上回っています。

また、先進国では、京都議定書批准時にアメリカが、「温室効果ガスの削減対策は米国独自で
行なう」として脱退したほか、ここへきてカナダも脱退する見込みが伝えられています。

排出量世界第1位の中国、第2位のアメリカ、第4位のインドの合計で46.2%ですから、これら
3ヶ国が抜けての合意では、効果は文字通り半減してしまいます。

開催日程ぎりぎりの12/9まで、協議は難航が予想されています。

確かに、単純に排出量を抑えつけようとすれば、アメリカが去る際の言葉通り、「自国経済
が阻害される」ことになるでしょう。しかし、エコカーはじめ、排出ガスに配慮した製品開発、
エネルギー消費を抑える技術革新が進められるチャンスも生まれます。また、京都議定書では
カーボンオフセットを認めており、この流れは今後も踏襲されるでしょうから、技術を持った
企業が優位となり、従来の業界勢力図が世界的に書き換えられる可能性もあります。

さらに、エネルギー政策という点では、原油からバイオ燃料への転換が起こる可能性も依然と
して残っています。エタノール利用の増加とともにトウモロコシが急騰したことはまだ記憶に
新しいところ。原油の暴落とともに一時なりを潜めましたが、ふたたび100ドルを伺うWTIの
価格を眺め、いつ再び勢いを取り戻すかわかりません。

温暖化問題は、持続可能な地球を未来へ引き継ぐという問題にとどまらず、まさに今の株価、
コモディティ価格等経済情勢に直接影響を与えるものです。
人間としても、投資家としても注目したいものですね。

(※文中のデータはいずれも2008年)

18 : 46 : 14 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大学生と投資 | ホーム | HFT誤作動による恐怖>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/257-2bd79e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事