相対価値トレーディング

相対価値トレーディングとは、相対的に割安な資産を買うと同時に、これと密接な関係のある割高な資産を売ることにより、限られたリスクで収束利益を得ようとするトレーディングで、ミスプライシングからフェアバリューまでの収束を利益とする一般的にはサヤ取りやアービトラージ(限月間、市場間、商品間)等といった取引手法です。

特徴としては、
このトレーディングのパフォーマンスはアウトライトのようにマーケットの変動幅やベンチマークの上昇率等からの評価は出来ず、ミスプライシングの拡大、縮小やヘッジエラー、ポジション取得コスト等からしか評価が出来ません。

また、アービトラージが活発になると投資機会の減少(ミスプライシングの減少)となり、パフォーマンスの低下を招き、特に同じトレーディング手法で高いパフォーマンスが出ている状態というのはいわば市場の効率化を意味し、ミスプライシングが減少傾向にあり、その後、投資機会の減少からパフォーマンスの低下となる可能性が出てきます。

注意点としては
・相対価値トレーディングでは、リスクとリターンは投資期間と相関性が低い若しくは無い為、ある程度長期的な期間が必要となる。
・損失が拡大した場合、それがミスプライシングの拡大によるものかどうかの識別が重要であり、ミスプライシングの拡大の場合、ポジション縮小は期待収益の放棄となる。
・その為、損失が発生したとしてもポジションを維持できるリスクマネジメントが必要となる。
ということが注意点としてあげられます。

さて、この相対価値トレーディングは前述の通り、アウトライトとは収益源が異なるため、相関性が無い若しくは低いため、複数のストラテジーを運用されているのであれば、ストラテジー手法の分散へとつながることとなり、より一層の分散効果が得られるのではないでしょうか。

Photo_2


にほんブログ村 先物取引ブログへ

22 : 00 : 00 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<X_TraderのNEWS Releases | ホーム | 期近は危険?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/251-177e0513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事