スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

なぜ"高頻度"か?HFT(High Frequency Trading)

こんにちは。たぬきです~

今まで散々この名称をつかってきて、今更ですが、そもそも、
HFT(High Frequency Trading)って何でしょう?

日本語では「高頻度売買」と訳されるのが一般的のようですが、WEBでHFTについて
検索しますと、ミリ秒 あるいはそれ以下の時間で行う売買手法、と認識されている
ようです。

また、手法については、市場に生じた歪みや、板に出てきた美味しい注文を、誰より
も速いスピードで取ってしまおう、という趣旨を、かつてのフラッシュオーダーや、
見せ玉に関連付けて書かれているものも多いです。
アクセス方法やシステムの処理能力、ハイスペックなマシンの導入…工夫と投資を
して得る速さに、何の罪もないのですが…ここで是非を論ずるつもりはありませんので
先を急ぎますと、要は、HFTで頻度を高める意味についてあまり論じられていないよう
なのです。

根拠は"確率"に求めることが出来るかと思います。

例えば、コインを投げ、それが表になる確率と裏になる確率。
ゆがんだ硬貨を使ったり、細工が行われていない限り、両者の確率は1/2で同じですので、
十分な回数投げ続ければ、表と裏の出現確率は50%-50%に近づいていきます。

これを、とてもざっくりと、トレードに置き換えてみましょう。
上がる確率と下がる確率が同じ状況で"買い"または"売り"を十分な回数繰り返した場合、
当たるのは半分です。
でも、上がる確率が48%、下がる確率が52%だったら?
1回2回売ったけでは、外れてばかりになることもあるでしょうが、十分な回数"売り"を
繰り返せば勝率は52%に近づくでしょう。

もちろん、トレードは方向だけを当てればよいものではなく、利確のタイミングや幅が
むしろ重要かもしれませんが、ここでは、「偏りがわかっていれば、可能性の高い方に
十分な回数かけ続ける」ことが勝ちにつながるということを言いたいわけです。
そう、大数の法則ですね。
HFTは、この法則に則ったものであるといえると思います。

「データの解析やバックテストにより、出現確率が50%ではない偏りを見つけ、その歪み
へ、大数の法則が発現されるほどの十分な試行を繰り返す取引。」
という説明ではいかがでしょうか?

最後に、コスト管理について。
偏りは大きければ大きいほど狙うのに有利ですが、あからさまな歪みはすぐに市場に
発見され是正されていきますので、あってもせいぜい数%であるかと思います。
一方、実際のトレードには手数料がつきもので、売買頻度を上げれば枚数当りコストが
増大しますし、それに耐え得るシステムへの投資も必要になるでしょう。
十分な試行を繰り返せば勝てるという狙い自体は比較的低リスクではありますが、採算
ベースに乗るか?の検証は、歪みの発見同様に重要であると思います。

14 : 44 : 20 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ニュース・マイニング | ホーム | 世界最速の「京」って?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/239-0ed12658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。