トレーダーとITの会話

プログラミングが苦手なトレーダー様に朗報があります。
先日参加したセミナーでホワイトボードプログラミングというものが紹介されていました。

これはどのようなものかといいますと通常のアルゴリズムトレードはプログラミングが必要となり、例えばC#やJAVA等のプログラミング言語を使用し、プログラムを作ることが必要となります。

これに対し、ホワイトボードプログラミングとは、プログラミング言語でのプログラミングではなく、ストラテジーの条件分岐をイメージして描き、それを自動的にプログラミングしてくれるソフトウェアです。

具体的には
 ・発注条件の設定
 ・売り又は買い
 ・枚数
 ・発注方法
 
これらを明示的にフロー化することが出来れば、アルゴリズムトレードプログラムが出来るということとなります。
プログラムが出来る方にも、修正や改修も数値の変更や条件の追加等を行うことで修正、改修ができるので、プログラムの開発が容易とり、開発、修正の短期化が図れるそうです。

素晴らしい成績を誇るなストラテジーを持っているトレーダーが優れたプログラマーでは必ずしも無い為、このソフトウェアがあれば優れたストラテジーがアルゴリズムトレードとして24時間365日稼働することも可能となります。

という素晴らしいソフトウェアがあるというご紹介ですが、問題はこのソフトウェア自体が高額であるということでした。
ただ、ITの進化はとても早く、近い内に誰でもが手に入れられる価格で出てくる可能性もありますので、もう少しお待ちください。

20 : 05 : 20 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<郡の破綻に関わった投資銀行は? | ホーム | エドワード・ソープ氏、クオンツに学ぶアルゴトレーダーの姿>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/236-61d3203e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (124)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事