スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大手FCM破綻の影響は。

先月の10月31日に米国大手商品先物会社(Futures Commision Merchants)であるMFGlobalが破綻申請を行いました。
前回の米国のFCMランキングでも8位となっているほどの巨大なブローカーの破綻ということで様々な影響が出ています。

破綻の主たる原因は現在の会長(CEO)であるジョン・コーザイン氏は元ゴールドマンサックスのCEOであり、MFGlobalのCEOに就任して以降、ゴールドマンサックスのような投資銀行業務に注力し、自己資金による投資を行ってきました。最近では欧州ソブリン債への投資を行なってきた結果、この7-9期における業績が過去最大の赤字を計上することとなり、株価が急落し、その後、破綻申請となりました。

その為、同日CMEやICEではトレーダーによるフロア取引の禁止となり、警備員が付き添って退出させていたようです。
また、各金融機関からは同社の債券をどのくらい持っているのか等の対応に追われ、大口の債権者としてはドイツ銀行、JPモルガン等の会社名が上がりました。

また、一部では顧客勘定の資金と自己勘定の資金を分別しておらず、顧客勘定の部門でも資金が7億ドル(約550億円)の欠損していた可能性があると報じられており、更なる混乱を招いています。
この為、顧客の取引も正常に行われておらず、顧客はクローズのみの注文となっており、他者からの買収案もまとまっていません。一部の取引所ではMFGlobalを精算会社としてる顧客は新規取引できないため、流動性が枯渇しており、他の取引参加者への影響も出ています。

顧客の移動が出るまでは落ち着きそうにありません。
リスクマネジメントの大切さを改めて感じられます。
15 : 56 : 19 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東証・大証、経営統合の噂 | ホーム | 雇用統計とアルゴリズムトレード>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/231-f90fbfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。