アルゴと遅延と費用対効果

こんにちは。たぬきです~

昨日の、日本の為替介入の影響はCXにも及び、一時は大変激しい値動きとなりました。
それに伴い、発注や取消、そして約定の数量も飛躍的に伸び、計算区域10月31日の出来高は
216,168枚(10月中の1日平均128,722枚)にも達しました。

出来高の増加は、市場活性という点から大変喜ばしいことなのですが、昨日のように、
取引が特定の時間に集中するような現象が起こると、「遅延」の問題が明るみになります。
出したいタイミングで注文が送信できない、取消が間に合わず約定してしまう、
見ている価格情報自体が何十秒も前のものである…わずかなティックを積み重ねて
利益を上げていくアルゴリズムトレードにおいて、あってはならないことですよね。

平時から速さは確実に有利なポイントになるわけですから、使用するシステムは慎重に
選びたいものです。

プラットフォーム一つとっても、自社開発のものから専門のベンダーが提供するものまで
千差万別です。

システム構成についても、TOCOMについてならば、
・TOCOMネットワークゲートウェイを共有型→占有型
・DMA(Direct Market Access )の導入
・コロケーションサービスの導入
など、速さを追求すれば様々な工夫が可能です。

ただ、このあたりの事情はブローカーもつまびらかにしているわけではありません。
例えば、2009年5月、新システム導入直後のTOCOMで、4時間近く立会を停止する事件
がありましたが、トラブルが起きていたのは共有型ネットワークゲートウェイのみです。
あの時、直接的な影響が出ていたのであれば、そのシステムは共有型を利用していた
のだろう、という推測が出来ます。

また、設備投資のコストが、顧客へ転嫁されるケースもありますので、単純に速さを
追求するのではなく、費用対効果が最大となるポイントを選ぶ必要があります。

使用するシステムが完璧でなければ、そのウィークポイントを理解し、対処方法を確立
した上で、実践にのぞみましょう!
14 : 56 : 08 | Commodity | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<HFT在庫モデル | ホーム | トービン税とHFT(High Frequency Trading :高頻度売買)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/226-aa4afde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (122)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (69)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (343)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事