日本でも拡大するかダークプール

こんにちは。たぬきです~

前回に引き続き、欧州連合(EU)欧州委員会による取引規制案ですが、対象となるのは
アルゴリズム取引のほか、ダークプールと呼ばれる私設取引システムの規制強化についても
盛り込まれています。

ダークプールとは、広義では開示されていない注文を付け合せる市場全般を指します。
価格、気配、付け合せの過程が非公開であるため、取引所の存在意義とも言える「価格発見」
の機能は備わってはいません。具体的には、
相対取引<顧客間交渉方式>
/規程価格(定時点での仲値など)での取引<市場価格売買方式>
/内部付け合せ<顧客注文対当方式> 
などが挙げられます。狭義では、このうち証券会社の内部付け合せを指します。

取引所取引が「公明正大」を声高らかに謳っているのとは対極に位置するわけで、
規制の対象と睨まれるのもやはり、不透明性が一番の問題といえます。

では、このような取引はどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。
①取引所では集められない流動性を確保する
②匿名性がある
③最良気配値より有利な価格での取引が可能である
④取引手数料が安い場合が多い
⑤取引所の上場銘柄以外の取引が可能である
⑥高速・高精度な取引処理システムで取引することができる
⑥取引所の時間外でも取引が可能である

ロットの大きい注文も、細分化しての高速発注が可能であれば取り込むことが
出来ますし、名前が表に出れば、相場の流れ自体を作ってしまうような大手商社や
投資顧問も、匿名であれば参加することが可能です。取引所を介さないことにより
取引所への支払いを削減できる分、手数料は抑えられます。また、銘柄や取引時間
についてはオリジナリティを打ち出せます。

こうしてみると良い事尽くめのようですが、取引所以外に取引の場が増えるという
ことは、より多くの取引が行われない限り、分散され、かえって流動性を低下させて
しまう危険は孕んでいます。

不透明=ブラックな印象があるかもしれませんが、アメリカの株式取引ではその
4分の1が非公開市場によるというほど浸透しており、また、非公開市場の価格や
付け合せ等の情報を開示せよという意見に対し、某世界的大手証券会社ディーラーが
「表を返してポーカーをやるようなもの」と反論したといわれます。

ちなみに、②以外については、"公開された"取引所外取引にも共通した特徴です。
大口投資家向けの非公開取引、小口投資家向けのPTS取引は、遅ればせながら日本でも、
拡大が期待される市場ではないでしょうか?

今回はここまで。
次回は、PTS取引や市場内時間外取引について掘り下げてみていきたいと思います。

15 : 30 : 11 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<投資家心理 | ホーム | ブラック・スワンとは>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/216-efa673dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事