スポットと先物の裁定~世界の金価格を動かす5大業者のフィキシング~

こんにちは。たぬきです~

前回は、東京のCX市場の金の流動性についてお話しましたが、金の取引は先物取引だけ
ではありません。現物を扱うスポット取引も実は盛んで、スポットと先物との鞘取りも
可能です。今回は、まず、世界で最も有名な金の現物取引に目を向けたいと思います。

それは「ロコ・ロンドン取引」です。(Bank of Englandの監督の下、最も公平なスポット
価格を提示するとされる、伝統的な取引です。詐欺で知られているロコ・ロンドン"まがい"
取引とは、一緒にしないでくださいね。)
「ロコ・ロンドン」というのは、「ロンドンで渡す」という意味合いで、「ロコ・東京」
ならば当然、「東京で渡す」。ただしこの場合は、ロコ・ロンドン価格に東京までの移送
費用などの"プレミアム"が加味された価格となります。

世界の金取引の指標となるロコ・ロンドン価格は、フィキシングと呼ばれる5大業者<*>
の板合わせによって決定されています。フィキシングが行われるのは、午前10時30分
(AM フィキシング)、午後3時(PMフィキシング)の1日2回です。
2004年に撤退するまでロスチャイルドもメンバーに名を連ねて(牛耳って?)おり、それ
まではロスチャイルド銀行本店の一室に各社の代表が集まって行われていました。ロス
チャイルドの「黄金の間」の名前は耳にされたことがある方もいらっしゃることでしょう。

取引所ではなくあくまで相対取引ですが、ロンドンのメンバーによる自主規制団体である
London Bullion Market Association(LBMA)という組織が、運営や会員の選定などを
行っており、審査基準は非常に厳しいとされています。基準に満たない法人や個人投資家
は、会員を通じて取引を行います。

会員中、5大業者を含めた10社(スポットの場合、2011年10月現在)がマーケットメイカーの
資格を持っています。マーケットメイカーは、提示した価格に対し、最低引き受けなければ
ならない単位が決まっており、現在は5,000トロイオンスが主流です(かつては10,000トロイ
オンス)。最低単位を超える取引については、マーケットメイカーは拒否することが認めら
れています。《1オンス=28.3495g、1トロイオンス=31.1035g》

決済はドル建てで行われます。決済日は取引の2営業日後(T+2)。
ロンドンの銀行または取引業者での口座開設が必要で、口座のタイプは「特定口座(現物の
授受)」と、「不特定口座(現物の授受を伴わず、決済はロールオーバー)」の2種類。
一般的なのは、後者です。

そう!ロコ・ロンドン取引は、現物市場であるにも関わらず、基本的には現物の受渡しを
伴わない取引なのです。受渡しがない性質上、証拠金のみで取引に参加できる点や、ロール
オーバーされて決済日が繰り延べになる点は、CXやFXに通じるものがあります。


もちろん、スポット取引は、ロコ・ロンドン取引に限ったものではありません。ロコ・
ロンドンの価格を参考に、シドニーから東京・香港、ロンドン・チューリッヒ、ニューヨーク
そしてまたシドニーへと、CXも含め世界中のどこかでは、絶えず金の取引が行われています。

このような、モノというより金融商品的な性質を強くもち、かつ24時間グローバルな取引が
行われている金は、裁定取引にもってこいなのです。

今回はここまで。
次回は、スポットと先物との鞘取りについてご紹介したいと思います。


*以前は、ロスチャイルド/モカッタ・アンド・ゴールドスミス/ジョンソン・マッセイ
/サミュエル・モンタギュー/シャープス・ピクスレー、
現在は、スコシア・モカッタ/HSBC/ドイツ銀行/ソシエテ・ジェネラル
/バークレイ・キャピタルです。

ロスチャイルドは2004年に金取引事業から撤退。
モカッタ・アンド・ゴールドスミスはスコシア・モカッタに、
ジョンソン・マッセイは、1985年に倒産後、メイス・ウェストパック銀行に承継されました
が、このメイス・ウェストパック銀行が、1993年にパブリック・ナショナルバンク・オブ・
ニューヨークに買収され、1999年にはパブリック・ナショナルバンク・オブ・ニューヨーク
がHSBCに買収されました。
サミュエル・モンタギューもHSBCグループの子会社です。
シャープス・ピクスレーは、クラインウォート・ベンソン・ロンズデールの子会社でしたが、
銀行業務を営むクラクラインウォート・ベンソンが1995年にドイツ銀行に買収されています。


17 : 02 : 59 | Commodity | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先物市場の参加者 | ホーム | 米商品先物市場『position limit』の影響は>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/210-4ecc24ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (126)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (345)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事