出来高で比べるCXと日経225先物

こんにちは。たぬきです~

さて、アルゴリズムトレードの対象とする金融商品を探す上で、流動性は重要なファクター
ですね。極端に板の薄い市場では、自らの注文が与えるインパクトが大きくなる可能性が
あります。

CXとひとくちに言っても、銘柄は様々です。
東京工業品取引所だけに絞っても約15銘柄。もちろん、現株はキリがありませんが、
日経225先物や日経225miniに比べれば、どれを取引するか?を考える余地はあります。

CXの場合は、決済方法の一つに「受渡し」がありますので、流動性にはより注意を払う
必要があります。万が一、相手方が現れず決済できぬまま納会を迎えてしまうと、
現受けまたは現渡しを行わねばならなくなるからです。保管がきき、換金性もある金や白金
ならともかく、受渡しが頻繁に行われている小豆を一般の方が2t超も受け取ったところで
どうにも出来ません…

以下に、2011年の東京工業品取引所主要銘柄の月次出来高をまとめました。
参考に、日経225先物、日経225miniの直近3ヶ月分のデータもつけています。

出来高比較


銘柄数が多い分、分散してしまうのですが、東京金が日経225先物とほぼ同水準、という
結果になりました。いかがでしょう?マイナーイメージの割には、頑張ってる?

もっとも、投資対象となる得るかの判断は、利益をとることが出来る歪みがあるか?
ストラテジーの根拠となるテクニカルに忠実な市場か?などが重要です。銘柄が多いという
ことは、発見の余地が多いということですから、流動性十分と判断できる銘柄について検証
してみていただければと思います。

流動性の低さを逆手にとる手法もないわけではありませんが、価格操作など不公正とみなさ
れる取引は全面的に禁止です。東工取でも市場監視システムSMARTSが稼動し、常にチェック
が行われています。
18 : 08 : 21 | Commodity | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<米商品先物市場『position limit』の影響は | ホーム | 注文執行アルゴリズム>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/208-86c53978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事