スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

リスクの受け入れ方

こんにちは。
昨日のNHKの白熱教室で「「安全」と言ってくれ、「安心」するから」というタイトルで、原発問題から日本人と欧米人のリスクに対する取り組み方についての講義がありました。ここではリスク対処方法として、日本人はリスクを他者へ移転させて回避する傾向にあり、欧米人はリスクを受け入れ、処理をするということでした。

経済活動においてもリスクは存在し、リスクへの対処方法は様々なものが生み出されています。
金融でのリスクへの行動というのは、そのリスクはどのようなものか、どの程度のリスクがあるのか、リスクに対するリターンはどのくらいなのか、を調査し、リスクを取るのか、若しくは他の方法によリ回避するのかという行動へ移ります。
この行動がいわゆるリスクテイク、リスクヘッジという行動となります。
金融で欧米が最先端としていることも元々の基質的なものがありそうです。

リスク管理をどうするのかといものは、全てを金額化(コスト化)するとこのリスクに対するヘッジ(回避)を行うのか、テイク(取る)を行うのか、と判断する基準が明確になります。

例えば
リスク値がA、リターン値がB、コストがCとした場合、
A(リスク)>B(リターン)-C(コスト)ということは、A(リスク)+C(コスト)>B(リターン)
となった場合、一概に全てが当てはまるとういことではありませんが、このようなケースではリスクを取らず、ヘッジを行う判断材料となります。

個人で行うトレードにおいても、ポジションを持った時点で、いなかるポジションでもリスクが発生します。
もちろんトレードをする目的はリターンの追求ですが、ストラテジーの安定性を図る上では、このリスク管理が非常に大きなウェイトを占めます。

収益改善方法においては、新しいストラテジーの構築は有効な方法ではありますが、過去のストラテジーでもリスク管理方法如何によっては生まれ変わる可能性もありますので、ストラテジーの見直しも有効な手段となりえるかもしれません。

すみません。コストの削減方法については次回更新で致します。
18 : 01 : 28 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カレンダー→SCO、クラック→NSCO | ホーム | 市場の歪みは旨味。鞘取りの基本。>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/203-2d4c0305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。