G7緊急電話会議後の声明を受けて

こんにちは、先週6日に米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)により米国債

の長期信用格付け引き下げが発表されました。

声明の要旨としては

・与野党が合意した財政再建策は、債務負担の増加を抑えるのに必要な規模を下回る。ま

た、歳出削減や歳入増加をめぐる施策がさらに進展する可能性が低下したと判断し、格下

げに至った。
・債務上限引き上げをめぐるこの数ヶ月の政治的な駆け引きは、米国の政策立案の実効性

や安定性、予見可能性ご想定よりも弱まっていることを示す。
・長期信用格付けの見通しは「ネガティブ」。今回合意された規模を下回る支出削減や、

金利の上昇、財政圧力の高まりなどにより、想定以上に債務状況が悪化した場合、2年以

内にAAに格下げする可能性がある。
・国内総生産(GDP)の年間成長率を3%と仮定したベースシナリオでは、GDPに対する純公的

債務比率が2021年までに85%に膨らむと予測する。一方、現在AAAに格付けされているカナ

ダ、フランス、ドイツ、英国は、15年までに準債務比率が低下し、米国の状況と差が付く


・高所得者への減税措置の撤廃など、新たな財政再建策が実行された場合、債務状況の悪

化を遅らせる可能性が高い。その場合、長期の格付け見通しは「安定的」とする。

とのことです。

この声明を受け、日本時間7日午前に先進7ヶ国(G7)の財政当局者による電話会合が行われ

、米国債格下げや欧州債務危機を受けた信用不安を沈静化する狙いで、8日早朝に改めて

G7緊急会合が開かれることとなりました。

今朝行われたG7緊急電話会談の後に発表された声明では

・金融安定化と成長を支えるために必要なあらゆる手段を講じることを確認。
・必要な場合は流動性を確保し金融市場安定や経済成長を支えるため協調行動にコミット


・市場で決定される為替レートを支持することを再確認。
・為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済・金融安定に悪影響。
・為替市場での行動に関して緊密に協議し、適切に協力。
・今後数週間緊密に連絡を取り適切に協力し、金融安定・流動性確保のため行動とる準備


・財政赤字・債務に関し、米欧で講じられた断固たる行動を歓迎。
・スペインとイタリアが直面する金融的緊張はファンダメンタルズの変化によらない。

と発表されました。

コモディティ市場では国内外ともに大きな混乱が見られ、ボラティリティも拡大、ボリュ

ームも拡大しています。
特に東京金では、ここ1週間で10万枚以上の出来高と大きなボラティリティが続いていま

すのでHFTでも十分に採算が取れそうです。

明日開かれるFOMCでも今回の格下げ、緊急電話会談の内容に触れると思いますので、まだ

まだボラティリティは期待できそうです。
15 : 59 : 10 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<UBS不正取引事件を受けて | ホーム | X_TRADERの使い方 -Autospreaderの使い方->>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/190-61788b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事