自動化の進化過程について

皆様こんにちは

最近はプロのトレーダーで自動売買機能を活用される方が増えてきましたね。
人間さまが考案、定型化したロジックをマクロやプログラムに置き換え、「当たり前のこと
を誰よりも早く」コンピューターにやらせることは収益を増やせる(?)手っ取り早い方法です。
上手く使えこなせれば、収益機会の増大化、安定化を図ることができるでしょうし、
実際そういう事例も見受けられます。

「NetTradePro」ではトレーダーの方のニーズに応じて以下の様なツールを
ご用意させていただいております。

まずはアウトライト派。

標準版に搭載されているチャート・アプリケーション「X_STUDY」のテクニカル値をRTDを用いて
Autotraderなど他の自動ツールに取り込み発注することができます。
テクニカル値にご自分のストラテジーを組み込みたい場合には一旦EXCELのスプレッドシート
にリアルデータを落とし込み、別途プログラミングにて加工した後、自動ツールに取り込みます。
必要とされるプログラミング知識はエクセル・マクロやVBAです。

次にスプレッド派です。

標準版でSCO(スタンダード・コンビネーショ・オーダー)注文が発注できます。つまりスプレッド
を確定で組むことが可能となります。
通常のネット取引でSCO注文に対応しているとこは少なく(皆無?)、職業的トレーダーの方
以外がSCOを利用することは事実上むづかしい状況です。
スプレッド証拠金も格段に減額されており、専業以外のトレーダーの方もヘビーにお取引される
場合、ご利用をご検討いただければ幸いです。

更に機械の力を借り積極的にサヤ組成を試みるのが「Autospreader」です。
ボリュームの乏しい限月に対しクウォートしつつ、それが成立した瞬間に他方
(通常ボリュームが多い方)を成立させるというもの。簡単にいえば人間さまがやっている
サヤ取りを機械に置き換えたものとなっています。
こちらアプリケーションはパッケージ化されておりプログラミング知識は特段必要ありません。
ただ、SCOではありませんので片張りになるリスクがあります。
相場の変動が激しい場合にはクウォートしているレッグの指値変更が頻繁となるため、
それをスムーズに行い取引スピードを向上させるAutospreader SE(ストラテジー・エンジン)
というアプリケーションもTT社では用意されています。

つづきは次回で。

14 : 00 : 15 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<SCO注文の魅力 | ホーム | ユニークさの追求>>
コメント
お問い合わせありがとうございます
> 質問させてください。
> 御社でNetTradeProコースを申し込む場合は専業じゃないとダメですか?会社員が夜間取引だけアクティブに・・・と言っても一日20枚ほどですが毎日やります・・・って場合はどうですか?

HAL 様

ご質問ありがとうございます。
トレードを専業になさっている必要はございません。会社員の方からのお申込も歓迎いたします。
ただし、X_TRADERの性質上、お取引の状況やお客様の所属について、ご契約前ににヒアリングを行わせていただいて
おります。また、口座開設にあたっては当社規定の審査がございますことをご承知おきください。

ご参考までに、規定上の「Net Trade Pro」コースご利用の場合の最低売買枚数の目安は、
月平均500枚(建玉時1枚、決済時1枚とカウント)です。
1日20枚ずつ1ヵ月(20営業日とします)お取引いただいた場合の売買高は、
新規(20枚×20営業日=400枚)
決済(20枚×20営業日=400枚)
合計800枚となり、規定を十分満たしております。
by: 岡安商事 ネット金融販売部 * 2011/03/03 16:20 * URL [ 編集] | page top↑

質問させてください。
御社でNetTradeProコースを申し込む場合は専業じゃないとダメですか?会社員が夜間取引だけアクティブに・・・と言っても一日20枚ほどですが毎日やります・・・って場合はどうですか?
by: HAL * 2011/03/01 20:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ateye.blog52.fc2.com/tb.php/167-b8f1f1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事