FC2ブログ

週明け再開!?中国マーケット

お疲れ様です。たぬきです~

マーケットも一般ニュースも、新型肺炎一色になってきましたね。
感染は18カ国、世界の感染者は約8,000人に拡大、世界保健機関(WHO)も30日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」を宣言しました。

さて、今日は31日の金曜日。週末が明けると、2月3日の月曜となるわけです。
そう、春節の延長した休暇期間がついに終わるのです。

もっとも、各市や省ベースでは、新学期の開講・企業の操業再開時期の延期措置を取るところも少なくないようです。
多少のばらつきがあるものの、企業の再開時期は概ね10日午前0時以降、発生源とされる武漢のある湖北省はもう4日長い14日との発表です。しかしながら、さらなる延長もあり得ると思われます。
また、交通規制前に各地に散った社員たちが工場の稼働再開に合わせて戻ってこられるかが疑問視されており、実質の稼働開始は規制解除の数日後になるかもしれません。
特に武漢は中国随一の工業都市とあって日本の企業の工場も多く、先が見えない中、別の地域へ製造拠点を移すことも検討され始めているようです。
患者も発生地域も増え続ける中、経済への影響は計り知れません。

そんな状況下ですが、上海証券取引所、深セン証券取引所、大連商品取引所、上海先物取引所(期貨交易所)は、3日に取引を再開させるようです。
31日日本時間12:00現在、どこのホームページを見ても、1月27日に「春節の休日と市場閉鎖の延長に伴い、取引再開は2月3日の月曜です。」という告知がなされた後、その延期を伝えるお知らせはアップされていません。

29日、先に休場が明けた香港では、中国関連企業や観光業などを中心に売られ、ハンセン指数も前週比2.8%、1か月半ぶりの安値となりました。市場再開時の中国も同様、いや、それ以上の暴落があってもおかしくはありません。そしてそれが世界に波及して……
取引所の発表を気にしつつ、値幅制限を確認しつつ、月曜に備えていただきたいと思います!!。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで


にほんブログ村 先物取引ブログへ

12 : 00 : 34 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (135)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (41)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (92)
Tokyo Financial Exchange (9)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (20)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (5)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (50)
Derivatives (66)
etc (378)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (8)
New TOCOM (8)
CQG (1)
総合取引所 (4)
Cryptocurrency (2)
TT® (12)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事