FC2ブログ

石油市場のSCB幅拡大

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回はTOCOMからのお知らせです。

TOCOMより5月31日(木)夜間取引(6月1日取引日)開始時からSCB幅の拡大の通知がなされました。
対象銘柄は、ドバイ原油・東京ガソリン・東京灯油の3商品となっております。

変更後のSCB幅は、
10,000円から24,000円へ拡大となります。
DCB幅は、現行通りの1,000円です。

現在のTOCOMのサーキットブレーカーについてお話しますと、
ダイナミックサーキットブレーカー(DCB)と
スタティックサーキットブレーカー(SCB)の二段構えで運用をしております。

DCBは「即時約定可能値幅」。
この幅の外で対当する場合、30秒のインターバルの後、板合わせによる再開となります。

SCBは「発注可能値幅」。
前日の帳入値段を基準とした、この幅の外の価格での注文は受付拒否または取消となります。

ということで今回は「SCB幅の拡大」ですので、当該石油市場において「発注可能値幅」が広がります。
とはいえ、幅外の注文の扱いは変わりませんので、
引き続きSCB幅ギリギリのGTC注文等に関してはご注意いただければと思います。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

17 : 21 : 19 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (129)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (75)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (355)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)
CQG (0)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事