2月からのゴム 変わるもの、変わらないもの

今日もトレードお疲れ様です。たぬきです~ 

今日もゴムから目が離せない展開となりました。
昨日16:30の夜間寄付きの頃こそ高かったのですが、その後急落。
日中取引の大引けにかけてその流れが加速し、先3本は、前日帳入±20円のCB幅を、今度は下に振り切って引けました。

そのゴムについて、今夜の取引から変わるもの、変わらないものがあります。

まず、取引証拠金。2月1日計算区域より、プライス・スキャンレンジは、1枚当たり9万円から10万円に引き上げになります。また、商品内スプレッド割増額は、6万円から6.5万円となります。

もし、証拠金をギリギリまで使ってポジションをホールドしていらっしゃるようでしたら、今一度口座状況のご確認を。
といいますのも、31日大引けの時点では大丈夫でも、計算区域が変わった途端に証拠金不足となる場合があるからです。

次に、明日の朝8:45の取引から、DCB幅が現行の2.0円から3.0円になります。
拡張が決まったのは先週でしたが、31日の計算区域ではこんな状態になっていましたので、タイムリーというか、むしろ間に合っていないというべきか…
ゴムDCB


CB幅20円の拡大にも期待がかかるところですが、今のところ、見直しの連絡は届いておりません。
う~ん。

TOCOMのヒストリカルデータと相場表からたぬきが集計したところ、今月ゴムの2017年1月の1日平均取引高は、12,782枚でした。
最も取引量の多かった計算日は、下げに転じた31日の24,095枚
かたや、最初に+20円を記録した27日は16,933枚、翌営業日30日の13,832枚は、月の平均と比べても、値動きに見合わない数字だと思いませんか?
この両日が伸び悩んだのは、CB幅に張り付いて、取引したくともできない時間が続いたからにほかなりません。
あまりにもな急変は、確かにどこかでシステマティックに歯止めをかけねばならないと思いますが、二日間にわたって取引が阻害されるというのもどうなんでしょうか?

以上、2月からのゴムについてでしたが、一番知りたいのは、昨年からのゴムの上昇基調が、これで変わるのか?変わらないのか?ですかね~

にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 30 : 00 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (62)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (42)
Derivatives (66)
etc (334)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事