CME GOLD vs TOCOM金

こんにちは、たぬきです。
昨日お伝えしましたように、岡安商事㈱の海外商品先物の取り扱いが始まりました。
海外市場というと少々敷居が高い気もしますが、そう思わせる最たる理由は、言語の問題ではないでしょうか?
その点、岡安商事㈱ならば、対お客さまの部分は、日本語で完結しますのでご安心ください。言語、習慣、活動時間まで異なる取引所や取次先との面倒なやり取りは、すべて我々が担います。

さて、今日は、CMEに進出することでトレーダーに広がる可能性について。
以下の表は、月間の出来高の比較です。
CMETOCOM.jpg

上記の表には記載しておりませんが、CMEのホームページなどを見ると、「E-mini GOLD」の名称が端々に残っており、混乱される方もあるようです。これは、33トロイオンス、すなわちラージの約3分の1サイズとして登場した商品ですが、商いが振るわず、2011年1月28日付けで上場廃止となっております。

金自体はどこの国のものでも基本的には同じですが、純度の規定は異なります。TOCOMでは「フォーナイン」の通称で知られる99.99%ですが、CMEでは99.5%です。しかし、ロコ・ロンドン取引然り、国際的には通例となっている数字ですので、東京が良くてCMEが粗悪というわけではありません。

こうして並べてみると、メインとなるラージの出来高はそんな諸々の事情を超え、圧倒的にCMEに分があることが見て取れます。
今年に入り、4月、6月、7月と、月間出来高100万枚を割り込んでいるTOCOM。どんなに優秀なトレーダーでも、相手のいない市場では注文の約定自体がままなりません。流動性の高い市場への進出は、今後の取引量を増やし、収益を増大させる可能性を広げてくれるでしょう。

気になる証拠金はというと、8月14日現在、東京の標準金1枚108,000円に対し、CMEのGOLD1枚のイニシャルマージンが9,113USD。1ドル=78円として約71万円。国内の金に比べると単位が大きくなりますが、SPAN(R)証拠金制度下にあることで、ポートフォリオによっては証拠金負担が軽減されるケースもありますよ。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 54 : 12 | Foreign Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (68)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (340)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事